ジャニーズ帝国後継者・滝沢秀明はジャニタレ醜聞を押さえ込めるか

タッキーはキムタクら超大御所とどう関係を築くのか?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
後輩を連れて麻布十番に現れたタッキー。若手タレントのアニキ分として後輩たちからの信望も厚い

「昨年はウチにとって災難の年でしたよ。元『TOKIO』の山口達也(47)の書類送検に始まって、『関ジャニ∞』の渋谷(しぶたに)すばる(37)が突然の脱退。さらに『NEWS』の小山慶一郎(34)が未成年の女の子との飲酒騒動で『news every.』(日テレ系)降板ですから。そんな状況で、もう事務所はグラグラ。トラブル続きの原因は、事務所側がタレントをコントロールできなくなりつつあること。今年こそは危険因子となっているタレントを”粛清”し、事務所を引き締めようという動きが活発になっています」(ジャニーズ事務所関係者)

’18年は醜聞続きで揺れに揺れたジャニーズ事務所。このままスキャンダルが続き、ファンを裏切り続けるか否か、今年はまさに勝負の年となる。そんな中、再建請負人としてキーマンになるのは、なんといってもタッキーこと滝沢秀明(36)だろう。

かねてから現役を引退し、事務所スタッフとしてプロデューサー業や後進の育成にあたりたいと公言してきたタッキー。昨年大晦日に行われた『ジャニーズカウントダウン』を最後にアイドル人生に終止符を打ち、今年から第二のキャリアをスタートさせたばかりだ。

ジュニア時代からジャニー喜多川社長(87)の寵愛を受け、新人の入所オーディション審査員まで務める彼は、「小さなジャニーさん」と呼ばれてきた。そんなタッキーが名実ともに”帝国”の後継者となり、タレントへの締め上げを徹底させようとしている。

「滝沢は小さな頃から自分に目をかけ、育ててくれた事務所や社長への恩義を深く感じている分、ジャニーズの看板を汚すようなタレントには容赦をしない。現役時代もスキャンダルを起こす後輩に対して苦言を呈してきたようです。ただ、去年までは自分自身もアイドルという立場でしたから、遠慮するところもあったでしょう。今後、彼は完全に体制側に身を置くことになる。『これからはビシビシいく』と意気込んでいるようです」(テレビ局関係者)

そんな中で、すでに事務所内にはタッキーの”ブラックリスト”に載っているタレントもいるという。

「滝沢が危険視しているのは、小山と同じ『NEWS』の手越祐也(31)。彼はウチの幹部のお気に入りで、何度スキャンダルが明るみに出ても許されてきた。ですが、滝沢が監視役となった以上、次にトラブルを起こせばどんな処分が待っているかわかりません。さらに昨年にはファンとのベッド写真が流出し、酒の場でも騒動を繰り返すなど素行の悪さで知られる『関ジャニ∞』の錦戸亮(34)も要注意人物に挙がっています」(前出・ジャニーズ事務所関係者)

後輩だけではない。今後、タッキーは近藤真彦(54)や東山紀之(52)、木村拓哉(46)ら”レジェンド”とも渡り合っていくことになる。事務所の仕切り役として、剛腕っぷりを発揮できるのか。お手並み拝見といったところだ。

昨年末、広尾(渋谷区)に現れたキムタク。今後、タッキーはキムタクら超大御所とどう関係を築くのか
  • 撮影桑田真、堀田咲

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事