ASKAが愛人Tさんと別れられない理由

シャブ漬け生活をともに過ごした不倫相手と半同棲を続けるのはなぜ?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’18年11月下旬、自宅マンションから地下のレストランへと入るASKA。以前よりも恰幅がよくなった印象だ

東京タワーも望める、東京・港区の高級マンション。その出口から、一人の男性が姿を現した。まるでこちらを窺(うかが)うかのような視線を向けるのは、歌手のASKA(60)である。

覚せい剤取締法違反によってASKAが逮捕されてから約4年半。本誌が彼を目撃したのは、執行猶予期間が明けてから2ヵ月後、’18年の11月下旬だった。

折しも、ASKAは復活を懸けた全国ツアーを始めたばかり。この日も打ち合わせがあったのだろう、ASKAは自宅マンションの地下にあるレストランにスタッフと思(おぼ)しき数名を連れて会食へと向かうところだった。

ASKAがレストランを出て自宅に戻ってから2時間後。最寄り駅方面から、一人の美女が足早にマンションへと入っていった。彼女こそ、当時ASKAと不倫関係に陥り、共に覚醒剤に溺れていたTさん(41)だ。本誌はこの前日にも、慣れた様子でASKAの自宅へと向かう彼女の姿を捉えている。

’14年の事件後、裁判では一貫して無罪を主張していたTさん。だが、彼女の毛髪や尿からは覚醒剤成分が検出され、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。現在は執行猶予も明けた身なのだが――。

「実は、ASKAは前妻と離婚後、Tさんと半同棲生活を送っているんです。ASKAは彼女に対して絶対の信頼を置いているようで、公私ともにパートナーといえる存在になっている。周囲に対しては、『彼女は冤罪(えんざい)だった』と庇(かば)うような発言もしています。いまでは、音楽活動においてもプライベートの人間関係に関しても、まずはTさんに相談をするようです」(ASKAの知人)

本誌は昨年1月にも、TさんがASKAの自宅に出入りするところを見ている。それからおよそ1年が経ったいま、二人の関係はさらに深まっているようだ。

「ASKAは音楽的な才能が図抜けている半面、脆(もろ)くて繊細なところがある。常に支えてくれる人間を必要としています。覚醒剤に溺れ事件を起こしたことで、二人はある意味で”戦友”のような関係になっている。それだけに、離れることができない状態にあるようです」(前出・ASKAの知人)

だが、覚醒剤からの更生において、それまでの人間関係の清算は鉄則。元厚生労働省地方厚生局麻薬取締部捜査第一課長の高濱良次氏はこう警鐘を鳴らす。

「ASKAが本気で覚醒剤を断ち切ろうと思っているのであれば、当時の仲間とは完全に縁を切らなくてはならない。Tさんと半同棲しているというのは、言語道断です。精神的に不安定なのであれば、親族や家族の元に帰ればいい。このまま彼女と生活を共にし続けていくのであれば、また薬物に走るきっかけになってもおかしくはありません」

ミュージシャンとして、再起の道を歩み始めたASKA。再び薬物に手を染める”要因”とは、すべて決別するべきなのだが――。

会食を終えたASKAが帰宅してから2時間後、Tさんが彼の自宅へ。二人の関係はますます深まっているようだ
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
  • 撮影香川貴宏

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事