岡崎体育が語るブレークの舞台裏「実家から音楽界に革命を起こす」

「引きこもり」だったミュージシャンが大ブレーク!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
岡崎体育は 東京に「拠点」は持たない。ホテルに泊まり、仕事が終ればすぐ、京都の家に帰るという

「今も実家で曲作ってます。すごく幸せです。夢がどんどん形になっていって」

岡崎体育、29歳。音楽ビデオあるあるを大胆に集めた『MUSIC VIDEO』や、英語にしか聞こえない日本語ラップの『Natural Lips』など、ひねりの効いた楽曲で大ブレーク中のアーティストだ。2018年は、夏の大型フェスに13本も出演。『MUSIC VIDEO』は、YouTube再生回数が3400万回を超えた。京都府宇治市の実家で暮らしている。

「大学を卒業して、IT系企業に就職したんですが、音楽がやりたくて半年で辞めました。そこからひたすら引きこもってましたね。デビューするにはとにかく曲作らなあかんと思って、小学生のときから使っている学習机で100曲作りました。親と、4年間やってメジャーデビューできなかったら一般企業に就職する、と約束して。のちのちデビューすることは想定していたので、構成を考えたりしながら、ずっと曲ばかり作ってました」

実家にこもり、ひたすらパソコンに向かう日々。

「ライブではお客さんぜんぜん呼べなかったので、出演ノルマをバイトで稼いで。ライブハウスにお客さん2~3人しかいないんですよ。でもその時点で、30歳までにさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをやると目標を決めて、ことあるごとに言ってました」

自宅とバイト先のスーパーを往復しながら、一心不乱に音楽を作る。そんな生活が2年続いた。

「奈良で、初めてワンマンライブをすることになって。お客さん100人呼ぶと宣言して、見境なくSNSで告知して、チケット手売りしてやっと100人集めたんです。そうしたら当日、大きな台風がきて。在来線全部止まって。誰もこないだろうと思ってステージに出たら70人くらいきてくれてた。めちゃくちゃ嬉しかった」

約束の「4年」を半分過ぎたころ、大阪で新人発掘をしていたメジャーレーベルからようやく声がかかった。

2016年。地元京都にちなんだ架空の音楽ジャンル「盆地テクノ」と銘打ってついにメジャーデビューを果たす。

「目標を立てるのは簡単ですけど、いつまでにと期限つけたり、何回とか何枚とか数量決めるのが重要やと思う。なので僕はずっと、具体的な目標を立ててきました。子どものころから、夏休みの宿題は、あとで遊びたいからさっさとやるタイプ。でも、周りの友だち誰も終わってなくて、結局ひとりで遊ぶとか(笑)。デビューアルバムと2枚目では、笑ってもらえる曲、キャッチーな曲で、とにかく岡崎体育の名前を知ってもらおうと思った」

目標の通り、岡崎体育の名前はじわじわと広がる。『ポケモン』のOP(オープニング)曲、ED(エンデイング)曲を作ったり、NHK朝ドラ『まんぷく』で俳優デビューもした。

「3枚目のアルバムでは、奇をてらった曲を封印しました。ここからはもっと深い岡崎体育を知ってもらいたいんです」

「さいアリ」を満席にしたい

泣けるバラード『龍』、ぼっちの大学生活を仔細に描いた『弱者』や『なにをやってもあかんわ』でリアルな心情を歌い、『からだ』PVではキレキレに踊るなど、渾身のかっこいい音楽を詰め込んだ。

「6月9日に、さいたまスーパーアリーナでワンマンやります。1万6000なんとしても満席にしたいので、泥臭くチケット売らなあかんのです」

全国ホールツアーと全力営業活動のなか1月18日、ウイルス性胃腸炎とインフルエンザで倒れ、大阪公演がキャンセルになるという痛恨の事態に。が、ツアー最終の1月25日は、いつも通りひとりで、東京・NHKホールの舞台に立つ予定だ。

「ステージではいつも、PC1台、マイク1本と自分。身一つで音楽流してパフォーマンスします。『さいアリ』の大ステージでも、同じスタイルでやります。

僕が実家にいて田舎発信の音楽をすることで、地方でも音楽できる、なんでもできるって思ってほしい。日本の音楽が、もっと盛り上がったらいい。お金ないからとか、諦めるのはもったいないです。6月は実家から、さいたまに行くんです。それが夢だったから。親に感謝してます」

引きこもり時代に思い描いた「第1章」は、『さいアリ』で完結する。そして岡崎体育の夢は「第2章」へと続いていく。

岡崎体育 時間ができたらしたいのは、釣りと、「お世話になったバイト先の店長にお礼を言いに行く」こと
「アルバム『SAITAMA』で自分の音楽を追求。でもステージではお客さんに笑ってもらいたい。両方が、岡崎体育なんです」
本誌未掲載カット 岡崎体育が語るブレークの舞台裏
本誌未掲載カット 岡崎体育が語るブレークの舞台裏
本誌未掲載カット 岡崎体育が語るブレークの舞台裏
本誌未掲載カット 岡崎体育が語るブレークの舞台裏
本誌未掲載カット 岡崎体育が語るブレークの舞台裏
岡崎体育、東京・NHKホールワンマンコンサート「楽屋裏」で、汗だくFRIDAY! ウイルス性胃腸炎とインフルエンザの併発で、1月18日の大阪公演を中止した岡崎体育が、25日、復活。東京・NHKホール公演後の楽屋で、インタビューが掲載された本誌を手に撮影に応じた。
岡崎体育、東京・NHKホールワンマンコンサート「楽屋裏」で、汗だくFRIDAY! ウイルス性胃腸炎とインフルエンザの併発で、1月18日の大阪公演を中止した岡崎体育が、25日、復活。東京・NHKホール公演後の楽屋で、インタビューが掲載された本誌を手に撮影に応じた。
  • 撮影福岡耕造

Photo Gallary10

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事