“もっこり”OK?「シティーハンター」女性も支持でヒットの予感

20年ぶりに復活! 『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』の意外な支持層

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

1980年代から90年代にかけ、一世風靡をした人気作『シティーハンター』が2019年新たなアニメ映画となって帰ってくる。2月8日に全国公開される『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』だ。

主人公は“シティーハンター”こと冴羽獠(さえばりょう)。もちろん声は神谷明、72歳。 (C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

『シティーハンター』は、『キャッツ♥アイ』でもお馴染みの漫画家・北条司の代表作。裏社会に名を轟かす一方で大の女好きの始末屋である“シティーハンター”こと、冴羽獠(さえばりょう)の活躍するアクション作品だ。アニメ版は1987年にテレビシリーズがスタート、1999年のテレビスペシャルまで10年以上も続いた。

大ヒット作だけに、リメイクは理解できる。しかしなぜ今なのか? 本作の別ストーリーを描いた『エンジェル・ハート』が05年にアニメ化されたが、『シティーハンター』自体のアニメ化は99年のテレビスペシャル『シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期』以来。実に20年ぶりの復活は、ファンならずとも驚きを隠せないだろう。

ところが本作、公開を目前に思わぬ人気となっている。メディアやSNSでも話題となり、かなりの盛り上がりを見せているのだ。その多くは懐かしさと、再アニメ化に好意的な意見。反響の大きさから当初70館規模を予定していた劇場数は250館超規模にまで拡大した。

そんな反響の一方でやや心配になのが、主人公・冴羽獠がお得意の“もっこり”表現。世界中で「#MeToo」が叫ばれるなか、“もっこり”が連発される内容はいまの時代にOKなのだろうか?

相棒の槇村香(伊倉一恵)とのコンビぶりも相変わらず。あまりの”もっこり”ぶりに「時代を考えろ~!」  (C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
警視庁所属の女刑事・野上冴子。色香を使い冴羽獠をいつも利用する。演じるのは講談師で声優の一龍齋春水(「宇宙戦艦ヤマト」の森雪役の麻上洋子)が続投。 (C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
美術品専門の怪盗キャッツアイもゲスト出演。2018年末に亡くなった藤田淑子さん(一休さん役など多数)に代わり、戸田恵子が次女・来生瞳に加え、長女・来生泪も演じる。来生愛は坂本千夏が続投。   (C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

その気になる“もっこり”の表現(発言)は、今回の映画でも健在だという。それは女性にもニヤリとできるユーモアを狙っている。

それどころか、今回の盛り上がりでも『シティーハンター』の人気を支えるのは、意外なことに女性層なのだ。

格好いいだけでなく、時にはおちゃめで、でもやる時はやる。“もっこり”はマッチョな男でなく、むしろ恰好をつけないコミカルな姿。しかも獠は決して弱いわけでなく、仕事の腕は一流だ。

マッチョでない強さ。冴羽獠のキャラクターが持つギャップは、むしろいまの時代に合っているのかもしれない。そんな冴羽獠に理想の男性像を見ることで、『シティーハンター』は再びトレンドに浮上するのだ。

もちろん連載当初、そしてテレビアニメ放送時からのファンも多い。そんなかつてのファンの心を掻き立てる施策もたっぷりだ。

主題歌にテレビアニメでも使用されたTM NETWORKの「Get Wild」を採用したこともそのひとつ。当時の大ヒット曲だけに、「Get Wild」を聴くことで作品の思いを新たにするファンも多いはずだ。

これ以外にも、今回の映画では初代監督のこだま兼嗣を総監督に起用、アニメーション制作もテレビシリーズ以来長年手がけてきたサンライズが担当する。さらに冴羽獠役の神谷明(72歳!)、槇村香役の伊倉一恵をはじめ、主要な声優もオリジナルキャストが引き継ぐ。徹底的に旧作ファンを囲い込む。

2019年ならでの新しい試みもある。デジタル化の進展でアニメに使われる色数は飛躍的に高まった。キャラクターの線もより細やかになり、原作に近づく。CG化の進展が、これまでに手で描けなかった映像表現も可能にしている。

ストーリーやキャラクターの良さには定評があるのだから、現在の新しい映像で表現することで若い世代にも充分アピールするだろう。映画のヒットの条件として、幅広い支持がよく言われる。今回のシティーハンターは、男性、女性、新世代にバランスよくアピールする。

そして日本公開のあとは、海外も視野に入りそうだ。実は『シティーハンター』の人気は世界規模で、アジアからヨーロッパに広がる。80年代の当時からアニメは海外で頻繁に放送されていた。1993年にジャッキー・チェン、後藤久美子の出演で実写化された香港映画を思えている人も多いだろう。

そしてフランス。2019年にはフランスでもうひとつ『シティーハンター』の映画『ニッキー・ラルソン(原題) / Nicky Larson』が公開される。同国の俳優を起用した実写版である。これも作品の長年の人気によるものだ。『シティーハンター』を懐かしく感じ、復活させたいと思うのは日本だけに限らないようだ。

今回の映画を配給し、製作もするソニーミュージック系のアニプレックスは海外ビジネスにも強い。今後は、海外でも新しい獠と香の活躍が期待できるかもしれない。

  • 数土 直志

    (スド タダシ)アニメジャーナリスト。メキシコ生まれ、横浜育ち。国内外のアニメーションに関する取材・報道・執筆、またアニメーションビジネスの調査・研究をする。2004年に情報サイト「アニメ!アニメ!」を設立、16年7月に独立。代表的な仕事は「デジタルコンテンツ白書」アニメーションパート、「アニメ産業レポート」の執筆など。主著に「誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命」(星海社新書)。

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事