年間5000件 アクセルとブレーキ「踏み間違い事故」の怖い現場

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
新宿で暴走した車。事故後、突然の出来事にドライバーは車外に出てぼう然と立ち尽くした

ペットボトルのお茶を飲んだらむせてしまい、フロントガラスに吐き出した。驚いて(ブレーキのつもりで)アクセルを踏み抜いてしまった。その先の記憶はありません」

1月16日、新宿髙島屋の近くで乗用車が暴走し、対向車線を横切って歩道に乗り上げた。車はそのまま歩行者を次々とはね、4人が重傷を負った。車を運転していた79歳の男性は冒頭のように警察に話したが、一体彼に何が起きたのか。

「車の運転は心理学で『スキーマ』と呼ばれる”無意識”の操作の集合です。今回の事件は、お茶でむせたという突発的な出来事が生じて、無意識の動作に間違いが起きてしまったと考えられます。中でも高齢者の場合は、踏み間違えた後も自分の過ちに気づけず、そのまま暴走してしまうことがあるのです」(『交通事故鑑定ラプター』所長の中島博史氏)

こうした事故は年間約5000件も発生しており、事故による死者は51人、負傷者は6700人を超える。加害者は20代と70代以上の高齢ドライバーに多い(’17年。交通事故総合分析センターの交通統計による)。一日に13件以上も踏み間違い事故が起きている計算だ。

中島氏は踏み間違い事故は、ある癖を持っている人ほど起こしやすいという。

「本来、アクセルとブレーキを踏み分けるには、かかとを支点にして足をひねるのが正しい動作ですが、かかとを上げて操作している人がいる。それでも人間は、目をつむっていても手や足がどこにあるのかがわかる『固有覚』という感覚を持っているので、普段は踏み間違いを起こしません。ただ、パニックを起こすと踏み間違えていることに気づけないのです」

踏み間違い事故は、ドライバーの誤操作だけを原因としてはいけない――そう指摘するのは、福山大学工学部機械システム工学科准教授の関根康史氏だ。

「実はアクセルペダルとブレーキペダルのレイアウトを国は保安基準として定めておらず、メーカーによってペダルの位置が異なります。たとえば、アクセルとブレーキがやたらと近いようなレイアウトだと、踏み間違いを起こすリスクが高くなります。また、メーカーには、踏み間違い防止の安全装置を開発・装備するような対応が求められています」

あなたや家族が、被害者にも加害者にもなる。踏み間違いは、だから怖い。

ブレーキを踏んだはずなのに……

出勤で混雑していた朝8時35分頃の高田馬場駅近くの交差点。赤信号で止まろうとしたが暴走
群馬県渋川市のスーパーに突っ込んだ乗用車は店内の親子をひき少女を5mほどはね飛ばした

大破する「暴走カー」たち

福岡市の病院に突っ込んだタクシー。3名の死者が出たが運転手は「ブレーキを踏んだ」と主張
吉祥寺の交差点付近で7人をはねる事故を起こした車。バスに接触した直後に踏み間違えたと見られている
大分市の病院に突っ込んだ軽自動車。駐車場に停車させようとしたところ踏み間違えて暴走してしまった

  • 写真時事、共同通信社、毎日新聞社/アフロ

Photo Gallary7

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事