貴乃花「次の土俵」は永田町?”政治資金パーティー”に約200人

元親方46歳は会費2万円の「応援会」で政界進出のリハーサル?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
最近は、散歩のほかに外で四股(しこ)も踏んでいるという元貴乃花親方。日焼けした顔には、生気がみなぎっていた

まさに百面相。2月2日、名古屋市内のホテル「キャッスルプラザ」に現れた元貴乃花親方(46)のテンションは、異様に高かった。

この日開かれた「貴乃花応援会」の直前、元親方は急遽囲み取材に応じたのだが、質問が飛ぶたびにコロコロと表情を変え、記者たちを大いに困惑させたのだ。

――スーツ姿が決まっています。政治家としても違和感がないと思いますが。

「(爆笑しながら)違和感だらけですよ」

――新しい女性と出会いは?

「(ニヤリと笑いながら)あるといいですねぇ」

――午前中に(元弟子の)貴ノ岩の断髪式があった。そちらに出席してからでも応援会には間に合ったのでは。

「(ムスッと顔をしかめて無言)」

――貴ノ岩にかける言葉は。

「(目を見開きながら)どんな道を行っても成功を求めてほしい」

これほど感情を表に出すことは、現役時代はもちろん、親方だったときにもなかったはず。貴乃花はなぜ、これほどまでにハイテンションだったのか。

「『応援会』が大成功だったからでしょう。会場は約200人の参加者で超満員。それどころか、1月18日に募集を締め切ったあともひっきりなしに申し込みが来ていたそうです。会の最中も相当楽しそうでしたよ。支援者からの励ましのスピーチにウンウンと頷きながら聞き入っていたかと思えば、出席者女性から求められて手にキスしていました」(貴乃花の支援者)

今回の「応援会」の会費は2万円。政治家による政治資金パーティのもっともオーソドックスな値段設定だったこともあり、「貴乃花の政界進出に向けたリハーサルでは」とも噂されていた。当然、前述の囲み取材でも「政界進出の可能性」を問う質問が浴びせられたが、貴乃花は「100%ない」と断言していた。

だが、貴乃花本人の意思はさておき、永田町サイドは出馬に向け着々と準備を進めているようだ。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が語る。

「今夏の参院選で貴乃花の名前を出す自民党議員は少なからずいます。すでに、接触も始めているでしょう。元『SPEED』の今井絵理子参議院議員が32万票も取ったのだから、貴乃花ならそれ以上は確実だろう、というのが自民党の目論見。実際に出馬するとなれば、比例代表になるでしょうから、応援弁士として全国を回ることもできますからね」

さらには、こんな仰天プランもあるという。

「元妻の景子さんには、立憲民主党が接触したという話もあります。立憲はいま、次々と女性候補を打ち出していますからね。女将さんとして講演経験も豊富な景子さんなら、ぴったりではないかというわけです」(同前)

「出ない出ない」と言って蓋を開けてみたら……というのは永田町の常。もしかしたら、貴乃花はすでに、「次の土俵」を政界に定めているかもしれない。

2月3日、京都府内の神社で行われた豆まきに参加。手首のスナップを利かせた豪快な豆まきを披露した元貴乃花親方
本誌未掲載カット 元貴乃花親方 2月2日「貴乃花応援会」の直前、急遽囲み取材に応じた 「次の土俵」は永田町?
本誌未掲載カット 元貴乃花親方 2月2日「貴乃花応援会」の直前、急遽囲み取材に応じた 「次の土俵」は永田町?
本誌未掲載カット 元貴乃花親方 2月2日「貴乃花応援会」の直前、急遽囲み取材に応じた 「次の土俵」は永田町?
  • 撮影川柳まさ裕、福原一緒

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事