安倍首相のキャッシュレス体験 戸越銀座は「ご近所迷惑」

SPや関係者20人以上引き連れて庶民派アピールのパフォーマンス

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
SPらを引き連れて商店街を練り歩く安倍首相。道を封鎖しておきながら、呑気に雑談を交わす役人もいた

「私の家、あそこなんですが……。これじゃあ帰れないですね」(近隣の主婦)

2月2日に行われた安倍晋三首相(64)による「キャッシュレス体験」は、まさに大名行列だった。

この日、安倍首相は、普及し始めている電子決済を体験するために戸越銀座商店街(品川区)を訪れていた。自身のボディガードや経産省の役人など、総勢20人以上のお供を従えて商店街を練り歩いたが、首相の安全を確保するために、周辺には規制線が張られ、所轄の警察官まで動員された。

冒頭の主婦と同様、首相のおかげで道が通れない通行人たちは跡を絶たず。安倍首相の視察は完全に「近所迷惑」となっていた。

政治アナリストの伊藤惇夫氏が言う。

「視察とは名ばかりの、パフォーマンスに過ぎません。消費増税への抵抗感を緩和したい政権としては、キャッシュレス決済によるポイント還元をPRしたいんでしょう。ただ、厚労省による統計不正問題が発覚し、実質賃金が実はマイナスだったことも判明。すでに『この状況でホントに増税するのか』という議論が出始めているなかでのこの視察ですからね。今回のパフォーマンスに意味があったとは、到底思えません」

商店街内の魚屋を視察している際には、通行人から、

「アベ、やめろー」

との怒号が飛ぶ場面もあったが、安倍首相は完全無視。コンビニなどを回った後、花屋で昭恵夫人に贈るための花束を買って視察を終えた。

視察後、安倍首相は、

「少し緊張したが、簡単だった」

と、得意顔で感想を述べていたが、首相の知らないところでは、こんなハプニングもあったという。

「実は、花屋での会計が間違っていたんです。実際は4000円を超えていたのに、安倍首相は3326円しか払っていない。花屋の店主は会計後に間違いに気づきましたが、満足気に店を出た安倍首相には何も言えず……。金額を間違ったことに、首相自身はいまも気づいていません」(商店街の住民)

近隣住民に迷惑をかけただけでなく、オマケまでしてもらった安倍首相。背景にあるのは長期政権による慢心か。

「なぜお年寄りが多い戸越銀座でキャッシュレス体験なのか」と首を傾げる地元住民も

 

  • 撮影鬼怒川毅

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事