ドキュメント「踏切」 ふとした待ち時間にドラマがある

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

田舎独特のどこか懐かしい踏切
遮断機のない静かな踏切
めったに見ることのできない珍しい踏切
そんな日本中の「踏切フォト」を集めました

桃と桜が咲き乱れる絶景の踏切 わたらせ渓谷鐵道(群馬県桐生市)

わたらせ渓谷鐵道 桃と桜が咲き乱れる絶景の踏切(群馬県桐生市) 桃と桜が咲き誇る姿を踏切越しに見ることのできる水沼駅の絶景ポイント。水沼駅には日帰り温泉が入っていて観光地として賑わっている

旅情と詩情をとりもどす場所

踏切で、幼い子どもがすぎる電車に手をふる。あるときは車内から、踏切をながめ、待つひとと目があい、見しらぬ町の暮らしに思いをはせる。おなじような記憶をお持ちの方も、多いと思います。

警報音がカンカンと鳴り、黄と黒のしましま遮断桿(しゃだんかん)が降りる。踏切は、あかずの踏切や痛ましい事故もあり、都心ではずいぶん少なくなりました。小田急線の下北沢などの踏切の消えた町は、ぽっかり昔にもどったように見えます。そんな町の循環も、たいへん興味深い。

踏切から見る車窓のひとは、通勤電車も各駅停車も、みな旅人の表情をしていて、漂泊の風が心身を吹きぬける。

現代人は予定がいっぱいですから、踏切での足止めを嫌います。けれどエレベーターや跨線橋(こせんきょう)で渡っても、時間はそんなに変わらない。いらいらと待つより、空を見あげたり、線路わきのたんぽぽや野の草をながめれば、踏切の足止めは、むしろ幸運、当たりのひとときになります。

しばしたたずめば、詩情も浮かぶ。踏切はインスタ映えもばっちりですが、みじかいひととき、俳句を作るのもいい。

俳句は、五七五の十七文字。天には月や夕焼けがあり、地には草花、渡るひとの姿にも四季がある。ひな祭りに、桃の花を持つ少女がいたり。一期一会の会話も、よい俳句のテーマになりそうです。

ぶらりと出かけて、お金もかからない。

踏切はますます、日本人の旅情と詩情をとりもどす大切な場所になるでしょう。

スレスレのところを電車が走る 江ノ島電鉄(神奈川県鎌倉市)

江ノ島電鉄 スレスレのところを電車が走る(神奈川県鎌倉市) 満福寺への階段のギリギリに作られた踏切。この寺は、源義経が兄頼朝に宛てた手紙「腰越状」を書いた場所として観光名所になっている

世にも珍しい「地下鉄の踏切」 東京メトロ銀座線(東京都台東区)

東京メトロ銀座線 世にも珍しい「地下鉄の踏切」(東京都台東区) あるはずのない地下鉄の踏切。地上にある車庫に電車を入れる入り口にあり、朝晩の限られた時間にしか遮断機の動きを見ることができない

「勝手に渡ってください」 江ノ島電鉄(神奈川県鎌倉市)

江ノ島電鉄 「勝手に渡ってください」(神奈川県鎌倉市) 民家の軒先に線路を通したために、軒先を電車が走る、通称「勝手踏切」。江ノ電が路面電車として開業したことに起源がある

電車と電車が「直角交差」 伊予鉄道(愛媛県松山市)

伊予鉄道 電車と電車が「直角交差」(愛媛県松山市) 大手町駅近くにある珍しい踏切。日本で唯一踏切内で郊外電車と路面電車が直角に交差する「ダイヤモンドクロス」という珍しい線路

山手線の踏切はここだけ JR山手線(東京都北区)

JR山手線 山手線の踏切はここだけ(東京都北区) 駒込駅〜田端駅間にある山手線唯一の踏切。朝夕は1時間のうち40分以上が閉じられている「開かずの踏切」なので改良計画が進んでいる

警報機もない素朴な踏切 紀州鉄道(和歌山県御坊市)

紀州鉄道 警報機もない素朴な踏切(和歌山県御坊市) 遮断機はおろか、柵すらない踏切。一見危険そうに見えるが、走る列車は30分に1本と少なく、時速20㎞というゆっくりしたスピードだ

ルール違反で炎上した野々宮踏切 JR西日本山陰本線(京都府京都市)

JR西日本山陰本線 ルール違反で炎上した野々宮踏切(京都府京都市) 野宮神社と竹林の風情が美しい撮影スポット。松本伊代と早見優が線路内に立ち入った記念写真を投稿して炎上したことで、さらに有名に

踏切を渡ると一面の田んぼが 秩父鉄道(埼玉県行田市)

秩父鉄道 踏切を渡ると一面の田んぼが(埼玉県行田市) 武州荒木駅に近い新郷No.7踏切からは、一面の田園風景を見ることができる。1㎞先のバイパスまで見通すことのできる珍しい踏切だ

踏切注意!新幹線が通ります JR東日本秋田新幹線(秋田県大仙市)

JR東日本秋田新幹線 踏切注意!新幹線が通ります(秋田県大仙市) 秋田新幹線のE6系「こまち」が通過中の踏切。秋田新幹線は在来線の線路も使用するので、珍しい「新幹線の踏切」を見ることができる
  • 石田 千(いしだ・せん)

    作家。’68年、福島県生まれ。東京育ち。國學院大學卒。’01年、『大踏切書店のこと』で第1回古本小説大賞を受賞。芥川賞候補に3度選出された小説家

  • 撮影星川功一写真アフロ(わたらせ渓谷鐵道、満福寺、野々宮踏切)

Photo Gallary10

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事