バスケ界の救世主 ニック・ファジーカスが日本に帰化した全ドラマ

バスケットW杯出場という歴史的快挙

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
柔らかいシュートタッチがニック・ファジーカスの特徴。性格はマジメで、一日500本のシュート練習を欠かさないという

絶望の4連敗から奇跡の8連勝。21年ぶりに自力でのW杯出場を決めたバスケ日本代表の快挙は、間違いなく、この男の活躍によるものだった。

ニック・ファジーカス(33)。Bリーグ『川崎ブレイブサンダース』に所属する、身長210㎝のビッグマンだ。

アメリカ出身のファジーカスは、昨年4月に日本に帰化。6月に代表に選出され、同月29日の強豪・オーストラリア戦に出場すると、25得点の大暴れでチームを勝利に導いた。この試合で勢いをつけ、日本は8連勝を果たしたのだ。

「ファジーカスが入ることにより、日本はまったく別のチームに生まれ変わりました。彼のシュートテクニックは、間違いなく世界水準。4連敗中の代表にはどことなく『自信のなさ』が漂っていましたが、ファジーカスの活躍で初勝利できたことで、チームに自信が植え付けられたのです」(元バスケ日本代表で江戸川大学教授の北原憲彦氏) 

ファジーカスは’12年に来日して以来、リーグ得点王やMVPを獲得するなど、日本では大活躍を見せてきた。だが、NBA時代は、足首のケガなどもあり評価を得ることはできなかったという。ファジーカスへのインタビュー経験があるスポーツライターが語る。

「NBAの後にプレーしたヨーロッパやフィリピンでも馴染めなかったファジーカスにとって、ようやく見つけた安住の地が日本だったんでしょう。現在、彼は川崎に住んでいますが、道ですれ違ったファンが温かく挨拶してくれるそうです。しゃぶしゃぶやラーメンといった日本食も大好きで、ミニストップでアイスを買うのが日課。帰化については、『誰かから頼まれたわけではなく自分で決めた』と語っています。ある日突然帰化を決めたのではなく、日本で暮らすうちに、ファジーカスはこの国のために戦いたいと思うようになったのでしょう」

’16年に結婚し、昨年には長男も授かった。息子のミドルネームは、海を渡ると書いて「海渡(かいと)」だ。”日本人”になった男は、8月31日に開幕するW杯本戦でも大活躍を見せてくれるだろう。

W杯出場という結果を得たことにより、認められていなかった開催国枠での東京五輪出場にも大きく前進した
  • 写真加藤誠夫/アフロ

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事