【1巻無料】『L♡DK』これが“壁ドン”ブームの発信源だ!

上白石萌音、杉野遥亮、横山流星ら、新キャストで映画第2弾『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ』が公開!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
これが「壁ドン」だ! 新作映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』には様々な「ハイブリッド壁ドン」が登場する! (C)「2019 L♡DK」製作委員会

“壁ドン”。

したことも、されたこともない人が、ほとんどだけれど、「流行語大賞」のトップ10に選ばれて、社会現象を巻き起こしたことは、皆さんもご存じなのが“壁ドン”(2014 ユーキャン新語・流行語大賞)です。

【漫画『L♡DK』1巻無料試し読みに行く】

ブームの発信源となったのが、漫画『L♡DK』(原作・渡辺あゆ)と同名の映画化作品。原作漫画は2009年から「別冊フレンド」(講談社)で連載が始まり、2017年にコミックス全24巻で完結。累計1000万部を突破する超人気漫画となりました。

その連載中に制作されたのが、あの剛力彩芽(西森葵役)、山崎賢人(久我山柊聖役)の主演による映画版の『L♡DK』。これが2014年4月に公開されると、漫画で描かれた“壁ドン”シーンが生身の人間によって連発されてインパクトは絶大! 原作漫画で温まっていた“壁ドン”のムーブメントが一挙に花開きました。

ちなみに『L♡DK』という題名は、「ラブ同居」を意味していて、ひょんなことから始まった学園一のイケメンと、素直で素朴な女の子とのヒミツの同居生活=超至近距離恋愛を描いています。

“壁ドン”ブームの拡散力はとてつもなく、たとえば映画公開の翌年に発表された様々な川柳の賞では、必ずといっていいほど“壁ドン”ネタが登場しました。

いくつか例を挙げると……。

第18回『シティOL川柳大賞』(「シティリビング」サンケイリビング新聞社発行 2015年1月9日発表)で大賞に輝いたのは、
〔壁ドンに 憧れ今は オフィスのドン〕(トントン、27歳)。

第28回『サラリーマン川柳コンクール』(第一生命主催 15年5月25日発表)ベスト10の第4位に食い込んだのは、
〔壁ドンを 妻にやったら 平手打ち〕(若ジイジ)。

第15回『シルバー川柳』(全国有料老人ホーム協会 15年9月7日発表)に入選したのが、
〔壁ドンで ズボンの履き換えやっとでき〕(69歳男性)。

と、こんな具合で、老若男女を問わずに誰もが憧れる(?)パワーワードとして、“壁ドン”がすっかり常識ネタとなったことが分かります。

『L♡DK』は、史上初めて“壁ドン”を描いた漫画、というワケではないのですが、こうした影響力の大きさから、“壁ドン”といえば『L♡DK』、『L♡DK』といえば“壁ドン”といわれる存在になりました。

――そして2019年3月21日。映画版の『L♡DK』第2弾が、『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ』という題名で公開されます。

キャスト陣は新メンバーになり、西森葵役は上白石萌音。メガヒットアニメ『君の名は。』(2016年)でヒロイン・三葉の声を演じた若手演技派女優です。女子中高生から絶大な共感を得ている等身大のヒロインには、まさにピッタリ!

学園一のイケメン久我山柊聖(しゅうせい)役には杉野遥亮。FINEBOYSグランプリのイケメン俳優です。

ラブラブなふたりの間に割って入るのが柊聖の従兄弟・久我山玲苑(れおん)。こちらは『烈車戦隊トッキュウジャー』で注目を浴びた横浜流星が演じます。

この作品、オジさま&オバさまが接すると、最初は恥ずかしいばかりで、「何やってんだよ~、この子たち~」という気分でしょう。が、徐々に心が洗われる、というか(想像上の)青春時代にタイプスリップする、というか、気が付くと心は「胸キュン・モード」にチェンジしちゃっているんです。

そして、最新映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ』では、もはや伝統芸となった“壁ドン”が、とんでもなくアップグレード(?)しています。「あごクイ×壁ドン」、「腰抱き×壁ドン」、「持ち上げドン」、「通せんぼドン」。もう、壁ドンの百貨店です。

壁ドン以外にも、「頭ポンポン」、「いってきますのキス」、「バックハグ…からのキス」、「見せつけキス」って、書いてるこっちが恥ずかしい。けれども、映画の「あのシーン」「このシーン」が蘇ってきて、「こりゃ、現役女子たちが胸キュンするの、ムリないよな~」と納得します。

「FRIDAYデジタル」では、『L♡DK』の第1巻(第1話~第4話)を無料公開! 現役女子も、そうでない人も、話題の原作漫画に触れてみてください。納得の胸キュン・ワールドが待っています。

そして、ファン待望の映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ』は3月21日公開。『L♡DK』ワールドを未経験の人でも、映画初登場のキャラ、従兄弟の久我山玲苑横浜流星くんの目線で、ものがたりに違和感なく入っていけます。

さぁ春です! 胸キュンの季節、到来です!!

想定外の3人同居生活が始まった! 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 (C)「2019 L♡DK」製作委員会
バックハグ …からのキス 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 (C)「2019 L♡DK」製作委員会
原作:渡辺あゆ(『L♡DK』講談社「別冊フレンド」刊) 監督:川村泰祐   映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 (C)「2019 L♡DK」製作委員会

『L♡DK』 第1巻1~4話

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事