『スターウォーズ』世界紀行 フォト・ルポルタージュ

ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロが躍動したロケ地を巡る

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

episode1 惑星タトゥイーン

幼きアナキンが育った奴隷居住区
クサール・ウレド・スルタン:チュニジア

アナキン・スカイウォーカーの故郷として使われたロケ地。クサールはチュニジアの伝統的な穀物倉庫で、住居としても使われていた歴史を持つ。アナキンはここでジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンから資質を見出された

映画の世界の絶景ロケ地

今年、’77年に第1作となる『エピソード4/新たなる希望』が公開されてから実に42年の時を経ての完結となる『スター・ウォーズ』。

「遠い昔、遥か彼方の銀河系」という舞台設定ながら、スター・ウォーズシリーズは、実はCGだけでなく世界中の景勝地をロケ地として使用している。たとえば、3枚目で紹介しているシュケリッグ・ヴィヒル島は、大西洋に浮かぶ絶海の孤島。この険しい岸壁にアイルランドの初期キリスト教徒が密かに暮らしたという修道院が建つ。

宇宙を操る力=フォースの使い手である主人公、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが「まるでおとぎ話の世界のようだ」と絶賛したほどだ。

今回紹介したロケ地以外にも、『エピソード5/帝国の逆襲』で反乱軍と帝国軍の壮絶なバトルが演じられた、雪と氷に覆われた惑星ホスは、ノルウェーのハルダンゲル氷河での撮影。また、『フォースの覚醒』で主人公レイが育った砂漠の惑星ジャクーは、アラブ首長国連邦のアブダビで撮影されているなど、各地の隠れた絶景が選ばれている。スター・ウォーズシリーズのロケ地を巡るだけで「世界紀行」ができてしまうほどだ。

今回紹介しているロケ地はすべて観光地。中には「スター・ウォーズロケ地ツアー」が組まれているところもあるほどだ。ファンなら一度は訪れてみたい。

episode7.8 惑星オク=トー

年老いたルーク・スカイウォーカーが隠遁生活を送る無人島
シュケリッグ・ヴィヒル島:アイルランド

世界遺産にも登録されている標高218mの無人島。7世紀に石を積み上げて作られた修道院が今も残っており、観光地としても人気のスポット。映画では、姿をくらましたルークと、新たなジェダイの卵、レイが出会う印象的なシーン

episode2 惑星ナブー

パドメ・アミダラの故郷でアナキンとの結婚式も撮影
コモ湖のバルビアネッロ邸:イタリア

アルプス山脈に囲まれた避暑地、コモ湖に面した邸宅の一つ。18世紀に建てられた貴族や上流階級のための別荘。映画ではこの星の元女王、パドメと護衛であるアナキンとの立場上許されざる秘密の結婚式がここで撮影された

episode6 衛星エンドア

デス・スターを防衛するシールドが置かれていた最後の戦地
レッドウッド国立及び州立公園:アメリカ

高さ100m以上の巨木・レッドウッドが立ち並ぶカリフォルニア州にある公園。東京ドームの9100倍の広大な敷地を誇り、世界遺産にも登録されている。ルーク、ハン・ソロ、レイア姫らが属する反乱軍が、この森で帝国軍と戦い勝利した

episode3 惑星キャッシーク

チューバッカをはじめとするウーキー族の故郷
桂林:中国

水墨画などでも描かれてきた中国を代表する景勝地の一つ。石灰岩などが雨水などに溶解されてできた奇山や奇石が林の様に連なる。帝国軍の統治下で奴隷化されたウーキーたちが、デス・スター建造のために強制労働を強いられていた

  • PHOTO©Alamy Stock Photo/amanaimages、©Mary Evans/amanaimages、©Hartmut Krinitz/laif/amanaimages、©Everett Collection/amanaimages

Photo Gallary10

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事