フォトギャラリー1枚目 『天才を殺す凡人』 著者・北野唯我氏を救った“共感の神”とは? | FRIDAYデジタル

本書では、ある一つの会社を舞台にした物語形式で、「天才」「秀才」「凡才」という3人のプレーヤーが登場し、才能を殺し(つぶし)合ったり、時に助け合ったりしながら仕事をしている。「この3人は特定の誰かではなく、あなた自身の中にもいる3人です」と北野氏は前書きで述べている(イラストは『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』より)

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

『天才を殺す凡人』 著者・北野唯我氏を救った“共感の神”とは?

1/6