秘蔵写真で追悼 内田裕也は「私生活もロックそのもの」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
東京駅でタクシー待ちをする内田裕也氏。握手や記念撮影など、あらゆる要請に表情を変えずに応じていた

「裕也さんらしいと感じたのは、’11年頃、韓国でのディナーショーへと向かう機内でのこと。CAから、和食と洋食どちらにするか尋ねられた裕也さんは、『どっちもはダメなの?』と聞いたんです。子供のように純粋で素直な人でした。裕也さんが亡くなって、寂しいです。でも一方で、自分の思うままの人生を歩んだあの人を羨ましくも思います」(40年来の親交がある俳優の白竜氏)

3月17日、ロック歌手の内田裕也氏(享年79)が、肺炎のため亡くなった。

女優・樹木希林氏(享年75)との結婚生活、3度の逮捕歴、都知事選出馬……。波乱万丈な人生を歩んだ内田氏は、私生活もロックそのもの。本誌はそんな彼の姿をたびたび目撃してきた。

’15年8月には、東京・六本木ヒルズで美女とデート。デートにもかかわらず、隣のテーブルの女性からも記念写真を頼まれるというモテっぷりだった。

「ロックはビジネスではない」とのポリシーがあった内田氏には、庶民派な一面もあった。’15年の晩秋、東京駅でタクシー待ちをする内田氏が。周囲は騒然としていたが、内田氏はまったく気にしていない様子だった。さらにその翌年には、都内のとんこつラーメン店にも出現。一般客に混じって顔をほころばせた。

内田氏の死を悼む声が各界から寄せられているのは、それだけ、彼の生き様に共感する人が多いからだろう。稀代のロケンローラーが逝った。合掌。

首にスカーフを巻いたオシャレな出で立ちで、都内のラーメン店へ。麺の硬さは「やわらかめ」で注文した
六本木のオシャレカフェで見つめ合う美女と内田裕也氏。この後、二人は一緒に内田氏のマンションへと消えた
’73年に女優の樹木希林氏と結婚。樹木氏は生前、内田裕也氏について「ひとかけらの純なものがある」と語っていたという
  • 撮影結束武郎 足立百合 島 颯太

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事