フォトギャラリー3枚目 プーチンが学んだ「KGBスパイ式記憶術」を徹底解説! | FRIDAYデジタル

本書で繰り返し登場する「シュルテ・テーブル」がこれ。視線をあちこちのマスに動かさず、周辺視野だけを使うのがコツ。このスキルを身に着けると、観察や速読といった作業で役立つという。ページが進むにつれ、「探している数字以外の範囲も見るようにする」「7×7マスで限界に挑戦する」など、徐々に難易度が上がってくる

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

プーチンが学んだ「KGBスパイ式記憶術」を徹底解説!

3/3