ドラマ『きのう何食べた?』奇跡のキャスティング実現の舞台裏

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

週刊漫画雑誌「モーニング」にて、2007年より続く人気連載、よしながふみ氏の料理漫画『きのう何食べた?』が、実写ドラマ化された。4月5日より放送がスタートした同作だが、放送前よりネット界を異常なまでに賑わせていた。それもそのはず。超ロングセラー漫画の待望の実写化というだけでも期待が寄せられる中、西島秀俊内野聖陽のダブル主演、しかもふたりは恋人同士役ときたもんだから、そりゃ世間の女性陣は黙っていられるはずがない。しかも、同作がすごいのはそれだけじゃない。「漫画そのもの!」「イメージ通りすぎる!」と、キャストの高すぎる再現度で、原作ファンの心をも鷲掴みにしているのだ。

漫画『きのう何食べた?』第1巻1~3話の無料配信はコチラ!

西島さんと内野さん、ふたりの相性は? 原作との違いは? 撮影現場の雰囲気はどんな感じ? 初共演となる主演のふたり、今までにないストーリー設定……。ドラマ化に際し一体どんなこだわりがあるのか、本作のプロデューサーであるテレビ東京 松本拓さん、エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さんに話を伺った。

料理上手で倹約家の弁護士・シロさんこと筧史朗、人当たりがよくいつも明るい美容師・ケンジこと矢吹賢二。ふたりは家賃10万円のマンションで同棲生活を送る恋人同士。料理担当のシロさんが、月25000円の食費でやり繰りする毎日の献立や調理シーンを細かく描いた料理漫画。そして、その“あたたかい食卓”を取り囲むかのように、笑いあり、涙ありの人間ドラマが繰り広げられるーー。

原作のファンから「こんなにも似せられるものなの?」という声があがるくらい、キャストの再現度の高さが秀逸だと言われる本作。口数の少ない几帳面なシロさん演じる西島さんは、以前より原作のファンだったとか。

「そうなんです。もともと原作を読んでくださっていたみたいで。しかも、この撮影のために自宅で料理の練習をされたそうで、キャベツの千切りとかめちゃくちゃお上手なんですよ。本当に漫画から出てきたかのようにシロさんそのもので、はにかんだ笑顔に視聴者はメロメロになること間違いないと思います(笑)」(エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さん)

シュッとしてクールな印象のシロさんに比べ、女らしい言葉使いや仕草の多いケンジ。鍛え上げられた体が逞しく、男らしい内野さんが演じるドラマ版のケンジは?

「ケンジは、このドラマの中で、いちばん難しい役どころだと思うのですが、内野さんはあえてそこに興味を持ってくださって。始めのうちは何度も『今のでよかった?』『やりすぎじゃない? もっとこうしたほうがいい?』などと確認を重ね、どう演じればよいのかものすごく真剣に考えて取り組んでくださってます」(エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さん)

『孤独のグルメ』『忘却のサチコ』をはじめ、多くのグルメコメディドラマを手がけてきたテレビ東京の深夜枠「ドラマ24」。見どころはやっぱり料理のシーンだという。

「30分という短い時間ですが、料理のシーンはがっつり盛り込んであります。同性カップルの話ではあるけれど、同時にれっきとした料理ドラマでもあること。それをしっかり演出していけたらと思っています」(テレビ東京 松本拓さん)

登場する料理のいちばんの魅力は、家庭の冷蔵庫にある食材と調味料でできるということ! 今どきの小難しいアレンジや、珍しい調味料や食材を使わないあたりも好感が持てる。スーパーのチラシを見て、1円でも10円でも安く食材を買い求めるシロさんの姿は、独身貴族の弁護士というより、子持ち家庭の主夫そのものだ。

「登場するエピソードに多少の違いはあるものの、基本、献立やレシピは原作通り。スーパーの値段設定やセールの商品など細かい描写の裏には、よしなが先生の綿密な取材があってこそ。なるべく原作に忠実に再現するようにしています」(エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さん)

家族や恋人を思いやるあたたかい手料理を軸に、さまざまな人間ドラマが繰り広げられる。

脚本は、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』『失恋ショコラティエ』など、数々の人気ドラマを手がけてきた安達奈緒子さん

「電話でオファーさせていただいたのですが、話し始めてものの5分で『やりたい!』と言ってくださって。かなりお忙しい方なので、即答してもらえると思っておらず、オファーしておきながらビックリしました(笑)」(テレビ東京 松本拓さん)

基本的にコメディタッチな描写で笑いを誘う内容だが、油断していると、いきなりぐさっと心に刺さる言葉に涙することも。安達氏の手がけるストーリー展開にも期待が高まる。

「“家族愛”や“浮気”など、毎回はっきりとしたテーマがあり、1話で完結する構成になっています。安達さんは、『原作ものの脚本を書くとき一番重要視しているのは、原作者が映像化を喜んでくれること』と考えていらっしゃるので、その上で、原作をしっかり掘り下げ、視聴者をワクワクさせるような抑揚のある構成に仕上がっているのは、さすがだなと思います。

原作を読んで知っていても、キャストのみなさんが実際に言葉を交わすのをみていると、改めて心に響く言葉がたくさんあることに気付かされます」(エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さん)

西島さんと内野さんをはじめ、小日向大策に山本耕史さん、ジルベールに磯村勇斗さん。シロさんの母に梶芽衣子さん、父に志賀廣太郎さんを迎え、その他のキャストも豪華な顔ぶれだという。

「撮影現場はもう、めちゃくちゃ楽しいですよ。西島さんや内野さんが放つ、普段言い慣れていないであろう台詞を聞くだけで、なんだか面白くて。スタッフみんなが爆笑してしまうほど(笑)」(エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さん)

この収録が始まってから、毎晩お互いのことを思いながらベッドに入っているという主役のふたり(笑)。大人の色気あふれる西島さんと内野さんの印象は?

「西島さんは、とにかく気持ちが真っ直ぐな方。はじめてお会いしたのですが、もっとお堅いイメージだったのに、まったくその逆。とても気さくな方でした」(テレビ東京 松本拓さん)

「内野さんは、演技にすごく入り込むタイプ。美容師の勉強も熱心になさっていて、前の仕事で地方に行っていたときも、カツラとハサミを持っていかれたそうです」(エイベックスピクチャーズ 瀬戸麻理子さん)

はじめは頑なだったシロさんが、ケンジや両親、さまざまな人たちの愛に触れ、成長する様子も見逃せないという。

「この枠は、今まで40〜50代の男性に向けた作品が多かったので、年齢問わず幅広い層の女性に興味を持ってもらえるドラマは今回が初めて。よしなが先生の原作の力を感じずにはいられない作品となっているので、これを機に今後の枠の展開にも大きな影響を与えるのではないかと、社内の期待も高まっています」(テレビ東京 松本拓さん)

毎日の食卓から垣間見える、男ふたり暮らしのあたたかな光景。見ているだけで幸せな気分になれるドラマを、アラフィフを代表するイケメン俳優ふたりが演じる。撮影中はよく「ちょっかいを出してふざけ合っている」と制作スタッフが語るように、仲睦まじいふたりの姿が毎週末見られるなんて。至福の時間はまだまだ続く……。

『きのう何食べた?』の購入はコチラ

ドラマ『きのう何食べた?』の公式ツイッターはコチラ

無料配信はコチラ↓

『きのう何食べた?』 第1巻1~3話

  • 取材・文大森奈奈

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事