セカンドからサード、今度はファースト!? 楽天が水面下で進める「浅村の再コンバート計画」の中身 | FRIDAYデジタル

セカンドからサード、今度はファースト!? 楽天が水面下で進める「浅村の再コンバート計画」の中身

  • Facebook シェアボタン
  • X(旧Twitter) シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
もともとはショートとしてプロ入りしたが、セカンド、サードとコンバートされていった
もともとはショートとしてプロ入りしたが、セカンド、サードとコンバートされていった

リーグ戦で低迷するも、交流戦でまさかの〝下剋上初V”を成し遂げた楽天。東北は歓喜の渦に包まれたが、その裏ではベテランスラッガー・浅村栄斗(33)の「三塁外し」プランが進行しているという。

西武時代は二塁手として、楽天に移籍後も二塁手、指名打者での起用が多かった浅村。ところが昨年オフ、首脳陣の提案によって三塁手挑戦が決まった。

「三塁手のライバルは同じベテランの鈴木大地(34)くらい。セカンドよりも強い打球が飛んできますが、守備範囲自体は比較的狭いので、体への負担軽減を狙ってのコンバートでしょう」(球団OB)

ところが、”飛ばないボール”問題が尾を引いているのか、ここまで打率は2割台前半、本塁打も1ケタと調子を崩している。

「打撃は水モノなので仕方ないかもしれませんが、サードの守備でも6失策で、リーグワースト4位タイとまあまあ足を引っ張っている。今江敏晃監督(40)は不振を理由に交流戦期間中、浅村を数試合ベンチスタートさせたのですが、鈴木が繋ぎの4番として機能し、交流戦優勝まで成し遂げてしまった。チームとして浅村をサードに置かずとも上手く回せることを証明したのです」(同前)

浅村は’22年オフに4年総額20億円の大型契約を結んでいる。昨年は投高打低のパ・リーグにおいて、出場143試合で打率.274、26本塁打、78打点とチームトップの成績を残し、3年ぶり2度目となるホームランキングにも輝いたのだが……。

「そもそも、年齢的に衰えてもおかしくない30代の選手と大型契約を結んでいる時点で、楽天は『浅村と心中する』という覚悟を決めている。現場は使い続けるしかありません。今江監督が球団の方針に大きく背く可能性は低く、成績が低迷していてもずっとスタメンで出場させるでしょうね」(球団関係者)

そこで浮上したのが、浅村の“一塁コンバート案”だという。

「本人はサードにこだわっているようですが、球団としては打撃に集中させるためにファーストに持っていきたい。ただ、本人を納得させるためには“大義”が必要です。そこで、成績が上がっていないいまのうちに、不振を理由にして浅村を説得してはどうか、と首脳陣へ提案があったそうなんです」(同前)

それでも成績が上がらなければ、若手への世代交代も考えられるが……。

「浅村との複数年契約を進言したのは石井一久シニアディレクター(50)。球団内での権限は絶大ですから、石井さんの目の黒いうちは、完全な浅村外しはあり得ません。とはいえ、石井さんは今オフに退団するのではないかと囁かれている。浅村もうかうかしていられませんよ」(同前)

昨年まで主砲としてチームを牽引していたスラッガーが一転、野球人生の岐路に立たされている。

  • PHOTO共同通信社

FRIDAYの最新情報をGET!

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事