可愛い映像垂れ流し! ゆるふわ「パンダ動画」に癒される人続出

奇跡的な可愛さ! パンダたちのゆる~い日常を写真たっぷりで大公開♡

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

動物園に足を運ばなくても、いつでもモコモコふわふわなパンダたちの姿が見られる夢のような番組がある。それが、動画配信サービス「Hulu」で配信中の『ぱんだぴあ日記』だ。フライデーデジタルでは、2016年8月にこの番組がスタートするまでの経緯と、膨大なアーカイブの中から特におすすめのコンテンツを聞いた。

「『pandapia(ぱんだぴあ)』は、中国・四川省成都市にある成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地――通称『成都パンダ基地』公認で2014年にスタートしたプロジェクトです。パンダ一頭一頭の個性を発見し、物語を伝える事を目指していて、パンダたちの出産や引越などの生放送、写真や記事の配信などを、様々なプラットフォームで行っています。

映画やドラマ、人気テレビ番組などがひしめきあうHuluですが、その中にただひたすらパンダの映像が流れ続けるというコンテンツがあったら、パンダの魅力を伝えることが出来るのではないかとスタート。その結果、どんどんコンテンツが増えていき、一大アーカイブになりました。これだけだらだらとパンダの映像を見ていられる場は、他にはないと思っています」(pandapia運営・ドラゴンフィルムズ 以下同)

“ぱんだぴあ”とは panda + utopia から着想を得た造語で、『パンダを代表とする自然界と人間との調和がとれた理想的な未来』の意味が込められているという。

そんな言葉の通り、『ぱんだぴあ動画』で紹介されるパンダたちの姿は、のびのびとしていてまさにユートピア! ころころまん丸なパンダたちが、走って、遊んで、食べて、寝て……と自由気ままに暮らす姿を見ていると、思わず顔がゆるんでしまう。

草の上をころころ転がったり、時々他の子にじゃれついたりしながら遊ぶ子パンダたち。右の子は毛布に夢中だけど、このあと、思いもよらないことに……?/『ぱんだぴあ日記 2015/12/24 ダイアリー2』より

「動物の環境福祉の研究をしている人によれば、動物にとっての一番いい環境は自然環境なので、自然に近い状態に少しでも近づけると、動物達の『行為表現』が豊かになるそうです。

また、我々が最初に撮影に入った頃、成都パンダ基地がとても清潔なので驚きました。かなり自然に近い状態に保ちながら、動物園のような臭いが一切ありません。パンダたちにとり、素晴らしい環境といえるのではないでしょうか」

彼らの豊かな表情、愛らしい行動の陰には、この素晴らしい環境を保ち続けるスタッフの努力があるようだ。

パンダは「食べるか、遊ぶか、寝ているか」で一日が終わるのだとか。遊具の上で、並んで眠る仲良し3頭……ZZZ……/『ぱんだぴあ日記 2016/3/10 ダイアリー』より

「パンダたちの名前をクレジットで入れる」「自然体の雰囲気を壊さない」という考えのもとに編集されている動画は、未編集に近い生放送のような風合いにも関わらず、まるでダイジェスト映像のようにパンダたちの貴重な瞬間が満載だ。

緑豊かな成都パンダ基地で暮らすパンダの姿を眺めていると、なんだか野生のパンダの生活を、笹やぶの陰からこっそり覗き見しているような気持ちにもなってくる。

「撮影している我々の実感としては、パンダはやはり爪と牙をもつ『猛獣』です。彼らは本来、自然環境の中に居るべき生き物なので、自然環境で出会ったときと同じように、敬意を払いつつ必要以上に近づかないよう心がけています」

まるでおっさん? 池なのに、お風呂に浸かっているみたいにリラックス/『ぱんだぴあ日記 2016/9/12 ダイアリー1』より

パンダの研究・繁殖を行う施設として世界的に有名な成都パンダ基地。『ぱんだぴあ日記』では、生まれたばかりの赤ちゃんパンダを育てる様子も動画内で映し出されるので、順番に見ていくと「あの子あんなに大きくなってる!」とその成長にビックリすることも。

眠っている赤ちゃんパンダを飼育員が起こそうとするけれど…? 『ぱんだぴあ日記』の中でも人気のショートコンテンツ/『ぱんだぴあ日記 2015/10/16 ダイアリー1』より

これまで、特に人気を集めた赤ちゃんパンダについて聞いてみたところ、ベルギー動物園で行われたイベントで「世界で最も人気のあるパンダ」にも選ばれた女の子「毛笋(マオスン)」や、和歌山・アドベンチャーワールド生まれの「梅浜(メイヒン)」が中国に戻って産んだ女の子「梅蘭(メイラン)」などの名前が挙がったが、中には国連大使に任命された子もいるとか。

「2015年生まれの双子、『啓啓(チチ)』『点点(ディェンディェン)』兄弟は、UNDP(国際連合開発計画)が推進するSDGs(エス・ディー・ジーズ※2015年9月の国連総会で採択された『Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)』の略称)PRのため、動物として初めての国連大使になりました。『ぱんだぴあ日記』が始まった当初、まだ彼らには名前がついていなかったため、慶賀(チンフー)双子兄&慶賀双子弟とクレジットしています」

とっても仲良しな『啓啓(チチ)』『点点(ディェンディェン)』兄弟。この動画では、30分間じゃれ続ける兄弟の姿が見られる/『ぱんだぴあ日記 2016/4/9 ライブ4』より

気軽に見られる1~3分ほどの短い動画から、たっぷり30分、ひたすらパンダたちの姿を追ったものまで、その時の気分に合わせて視聴できるのも本コンテンツの良いところ。

ぜひ、『ぱんだぴあ日記』でパンダたちが笹をひたすら食べている姿をぼ~っと眺めてみてほしい。きっと思った以上に癒されるはずだから。

Hulu『ぱんだぴあ日記』はコチラ

『ぱんだぴあ日記』 可愛いパンダたちの姿をギャラリーで公開中 ↓

  • 協力HJホールディングス株式会社

Photo Gallary38

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事