尾畠春夫さん スーパーボランティアは貯金ゼロでも豊かな暮らし

収入は2ヵ月1度の年金11万円だけ 社会のためにやりたいことがある!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
人生相談をしてくる人もいて、大分県内の尾畠さんの自宅には、毎日、ひっきりなしに電話や来訪者がある

「昨年の8月に、行方不明になった男の子を見つけ出して以来、有名になったのは実感してます。どこに行っても声をかけられますし、全国から食料や衣類など大量のモノも送られてくる。住所番地なしで、〈大分県スーパーボランティア宛〉で届くんですよ(笑)。感謝しかありません。でも、有名になっても私の生活は何も変わりません」

スーパーボランティアこと尾畠(おばた)春夫さん(79)は、相変わらず元気だった。

今年1月18日、東京都練馬区の中学校で講演をした尾畠さんは、大分県日出町の自宅までの約1100㎞を徒歩で帰ることにした。しかし連日、マスコミや見物人が大挙して押しかけ、渋滞が起きたり、パトカーが出動したりと、大騒動に。事故を懸念した尾畠さんは、2月23日に徒歩帰宅を断念した。

「飲み物をもらったり、一輪車をもらったり、本当にありがたかった。最後まで歩きたかったですが、仕方ありません」

大分県内で鮮魚店「魚春」を営んでいた尾畠さんは、65歳のときに店を畳んでボランティア生活に入った。収入は2ヵ月に1度の年金11万円だけで、貯金はゼロ。しかしそれでも、生活は豊かだ。

「いまは地元の由布岳登山道の整備のボランティアをしながら、気ままに暮らしています。毎朝8㎞走って、畑をやったり、温泉に入ったり。健康で元気に生きるには、食事も大切。私は昔から”うまいもの”は食べないようにしている。庭に生えているドクダミやヨモギ、シロツメクサを鍋で湯がいて食べています。ボランティアのときは、パックのメシに梅干しをのっけて水をかけて食べます。昔は浴びるようにのんでいた酒もタバコも一切やめました。

暮らしにカネはほとんどかかりません。ロープやら何やら、ボランティア道具はほとんど、拾い物から作りました。そうそう、クルマはダイハツから去年の年末にもらったものなんですよ。ボロボロの軽に乗っていたのを見かねて、最新式を無料でくれたんです。ただ、ガソリンがもったいないから、まだほとんど乗っていません(笑)」

尾畠さんは今年10月12日に、傘寿を迎える。しかしまだまだ、社会のためにやりたいことがあるようだ。

「いつか、沖縄のガマ(洞窟)に残された戦死者の遺骨を収集したい。綺麗に洗って、埋葬の手配をしてあげたいんです。もちろん、いつどこで大きな災害が起きるとも限らない。そん時には、すぐにでも飛んで行って自分にできることをやらせてもらいたい」

スーパーボランティア・尾畠さんの旅は、まだまだ続く。

不法投棄されたタイヤなどで作ったバーベル。10㎏以上あるが、尾畠さんは軽々と持ち上げてみせた
感謝状や全国から届いた手紙。食料や衣類など差し入れは多岐にわたり、家に入りきらないほど届いたことも
奥はダイハツから無償でプレゼントされたクルマ。ただ、移動はもっぱら、燃費の良いホンダのカブだという
本誌未掲載カット 尾畠春夫さん スーパーボランティアは貯金ゼロでも豊かな暮らし 密着インタビュー
本誌未掲載カット 尾畠春夫さん スーパーボランティアは貯金ゼロでも豊かな暮らし 密着インタビュー
本誌未掲載カット 尾畠春夫さん スーパーボランティアは貯金ゼロでも豊かな暮らし 密着インタビュー
本誌未掲載カット 尾畠春夫さん スーパーボランティアは貯金ゼロでも豊かな暮らし 密着インタビュー

『FRIDAY』2019年5月10・17日号より

  • 撮影濱﨑慎治

Photo Gallary8

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事