美人プロゴルファー森田理香子が選んだ「意外なお相手」

元賞金女王はK-1ファイターと"甘~い生活"中

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
留守中、何かの支払いを立て替えてもらったのか皇治が1万円を差し出すも、森田理香子は受け取らず。この後、二人はコンビニに寄ってから”愛の巣”へ

春は引っ越しの季節――。

改元を目前に控えた4月下旬、軽のバンの荷台に電化製品やカラーボックスをせっせと運ぶ美女がいた。続いてエントランスホールから細マッチョなイケメンが段ボールを持って登場。箱にはマジックで「キッチン」と書かれている。

積み込みが終わると、手伝いに来たスーツの男性と美女がバンで発進。イケメンは電動自転車で後を追った。

一行が向かった先は都内の人気住宅街にあるファミリータイプのマンション。ここで件(くだん)の美女――森田理香子(29)は令和を迎えるようだ。

’13年の賞金女王で、美人ゴルファーとして一世を風靡した森田だが、ここ数年は体調不良やイップスによる成績不振に悩まされ、昨年、一線から退くことを発表している。それにしても、京都出身の森田プロがなぜ都内に?

「森田の恋人が都内のジムに通っているからですよ。男の名は皇治(こうじ)(30)。同じ関西出身のK-1ファイターです。試合前の会見で対戦相手を挑発する”皇治劇場”で人気が沸騰中。たとえば、『おぼっちゃまくん、泣けへんように鍛えとけよ』と相手を小バカにしたり、『お前はすぐ倒れるから、お土産もってきてん』とフルフェイスのヘルメットをプレゼントしたり。昨年末には『とんがりコーンみたいなダッサいアタマしやがて』と挑発し続けた王者・武尊(たける)と激突。敗れはしましたが、最後まで壮絶な殴り合いを繰り広げ、口だけじゃないところを見せた。強く、明るい皇治に森田プロの心は癒(い)やされたのかもしれません」(格闘技専門誌ライター)

二人は関西でも行動を共にしており、ちょうどこの前日、兵庫県から揃って上京。皇治がジムでトレーニングをしている間、森田は自由にマンションに出入りしていた。バラバラに帰宅した日もあれば、一緒に大型家具店に出かけた日も。

森田は波瀾万丈なプロ生活に終止符を打ち、恋人・皇治を内助の功で支えることに決めたのだろう。心強いパートナーを得た皇治を直撃した。

――フライデーです。

皇治 「おお。そら、格闘技界のスターは追いかけるわな~」

――森田さんと付き合ってますよね?

皇治「引っ越しを手伝っただけやがな。漢(おとこ)はモテてナンボ。俺を追いかけとったら、毎週スクープ撮れるで」

――……結婚のご予定は?

皇治「一つだけ言えるのは、俺に選ばれた女は世界一幸せなヤツやってこと。誰が何と言おうが幸せにするよ」

外で戦うのは男に任せ、森田は楽しく穏やかに暮らせそうである。

本誌未掲載カット 元賞金女王・森田理香子 プロゴルファー生活に終止符を打って、K-1ファイターと”甘~い生活”中
本誌未掲載カット 元賞金女王・森田理香子 プロゴルファー生活に終止符を打って、K-1ファイターと”甘~い生活”中
本誌未掲載カット 元賞金女王・森田理香子 プロゴルファー生活に終止符を打って、K-1ファイターと”甘~い生活”中
本誌未掲載カット K-1ファイター皇治 元賞金女王美人ゴルファー・森田理香子が選んだK-1ファイターとの穏やかな暮らし

『FRIDAY』2019年5月24日号より

  • 撮影山田宏次郎

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事