ロシア新体操金メダル美女「全裸開脚ショー」が世界に拡散!

プーチン政権に刃向かった見せしめ? オルガ・グラツキフの衝撃動画

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アテネ五輪の新体操団体で金メダルを獲得し表彰台に上るロシアの選手たち。〇で囲んだのがグラツキフだ

宙に持ち上げられた女性が、脚を大きく開く。下着すらつけていない一糸まとわぬ姿に、観客からは「ブラボー!」とはやし立てる声。女性は笑顔で応じ、腰を艶(なま)めかしくくねらせた……。

この「全裸開脚ショー」の動画が、世界中に拡散されている。美女は、オリンピックで金メダルを獲得したロシアの元新体操選手オルガ・グラツキフ(30)だ。国の英雄であるアスリートに、いったい何があったのか――。

『FRIDAYデジタルGOLD』では問題の画像を公開中(有料サイト)

「グラツキフが金メダルを獲得したのは、’04年のアテネ五輪です。彼女が15歳の時のこと。新体操団体で、エースとしてチームを引っ張りました」(全国紙記者)

金メダリストとなり、グラツキフの生活は一変する。引退後に政府の要職に就き、セレブな生活を送るようになったのだ。ロシア政治に詳しい、筑波大学人文社会系・中村逸郎教授が話す。

「’06年に、故郷のスヴェルドロフスク州(中西部)の地域青少年政策局長に就任。約1500平方メートルの土地を二つ購入し、親族ぐるみで木材のビジネスを始めます。ベンツを乗り回し、広さ116平方メートルの超高級マンションに住んでいました。年収はロシア人平均の10倍以上、1000万円ほどあったそうです」

人生が暗転したのは昨年末だ。

「スポーツ政策をめぐり、州知事と衝突したんです。『国家が選手を生むのではない。両親が生むんだ』という彼女の発言が問題視されました。日本の感覚では大した内容ではないと思うかもしれませんが、ロシアのプーチン大統領にとってスポーツは国家プロジェクト。国際大会で優勝し国民の愛国心をあおるために、国家予算で選手を育成しています。選手にとっては国家でなく親が重要というグラツキフの発言は、ロシアの政策を完全に否定し、プーチン政権に楯突く発言と受けとめられたようです」(中村氏)

同年11月、グラツキフは税金約2億2500万円を親族のビジネスに流用していたとして突如、国から告訴される。全裸動画が撮影されたのも同時期のようだ。

「日時や場所は不明ですが、彼女は同じく新体操選手の妹とともに欧州の富豪が集まる秘密パーティに参加。全裸で新体操の演技を披露していたようです。政府が動画を入手し、ネット上で拡散するよう仕掛けた可能性が高い。国家に反発したことに対する見せしめです。ロシアのマスコミは、グラツキフを『ふしだらな女性』と批判的に報じています」(同前)

国に刃向かい、悲惨な最期をとげた関係者もいるという。中村氏が続ける。

「ロンドン五輪(’12年)レスリング銀メダリストのクドゥホフは’13年、交通事故で亡くなりました。ドーピング問題を暴露する矢先の事故だったと言われます。反ドーピング機関の元最高責任者のカマエフは、’16年にスキーをしている最中、心臓発作で突然落命。それまで、心臓にはなんの問題もなかったそうです」

反逆者に対し容赦ないロシア。金メダル美女グラツキフも、国家プロジェクトの犠牲者となったようだ。

『FRIDAYデジタルGOLD』では問題の画像を公開中(有料サイト)

グラツキフと同じアテネ五輪で金メダル(新体操個人)をとったカバエワ。プーチン大統領の寵愛を受けて、現在も要職(国家報道グループ総帥)にある

『FRIDAY』2019年5月24日号より

  • 写真ロイター/アフロ

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事