結婚で幸せオーラ全開の竹内由恵アナを直撃 女子アナの恋愛大研究

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
本誌直撃にビックリしながらも、次の瞬間には笑顔を見せた竹内由恵アナ

――お疲れのところすみません、フライデーです。ご結婚おめでとうございます! 新婚生活はいかがですか?

本誌記者の問いかけに「キャッ」と小さく声をあげて驚くのは、テレビ朝日の竹内由恵アナ(33)だ。

本誌が竹内アナを直撃したのは、彼女が電撃的な結婚発表をした5月10日のこと。レギュラーを務める『報道ステーション』の放送を終えて局から出てきた竹内アナは突然のことに戸惑いながらも、すぐに状況を飲み込んで笑顔を見せる。その右手には、プレゼントと思(おぼ)しき花束も。彼女はそのまま本誌記者に会釈し、タクシーに乗り込んだ。一瞬のことではあったが、竹内アナの表情からは幸せオーラが漂っていた――。

’08年に「ミス慶應」の看板を引っ提げて入社して以来、テレ朝のエースとして不動の人気を誇ってきた竹内アナ。そんな彼女は同時に”恋多き女”として多くの男性と浮き名を流してきた。実際、本誌も’14年に電通マンとの同棲愛をスクープ。さらにその3年後にはバスケット選手・田臥勇太(38)との熱愛も発覚している。華麗な交際を経て彼女が生涯のパートナーとして選んだのは、同学年の医師だった。

「二人が付き合い始めたのは’18年の8月頃。友人の紹介で知り合って意気投合、すぐに恋愛関係に発展したようです。相手の医師は俳優・山﨑賢人にも似ている、爽やかなルックス。交際が始まった当初から、竹内さんは『この人だ!』と運命を感じ、結婚を意識していたようです。入籍は今年3月だったというから、交際8ヵ月というスピード婚ですね。よほど幸せなのでしょう、結婚発表後、竹内さんは祝福の声をかけられる度に『いやぁ〜』と照れたような顔を見せています」(テレ朝関係者)

本誌直撃にビックリしながらも、次の瞬間には笑顔を見せた竹内アナ。飾らない人柄が伝わってくる対応だ
本誌未掲載カット 女子アナの恋愛を大研究 結婚発表した5月10日の『報道ステーション』放送終了後に竹内由恵アナを直撃
本誌未掲載カット 女子アナの恋愛を大研究 結婚発表した5月10日の『報道ステーション』放送終了後に竹内由恵アナを直撃
  • 撮影小松寛之

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事