田中哲司 双子を出産した妻・仲間由紀恵の入院する病院へ

不倫報道後、すっかり改心したのか、“よきパパ”の片鱗を見せ始めた田中

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

’17年9月末、港区にある高級スーパーで買い物をする仲間。今年の6月下旬には、双子の男児を出産した

6月下旬の昼下がり、都内の高級住宅街のマンションから小太りの男が姿を現した。俳優の田中哲司(52)である。

30℃を超える暑さの中、速乾素材のTシャツに七分丈パンツ、首にはタオルという出で立ちで現れた田中。歩いて向かった先は、先日双子の男児を出産した妻・仲間由紀恵(38)の入院先だろう。

病院に入って1時間ほど経った午後3時前、田中は病院を後にし、渋谷駅方向へ歩いていく。ほどなくして『SHIBUYA109』前まで来ると、目の前の台座に腰掛け、スマホに熱中し始めた。30分後、徐(おもむろ)に立ち上がると今度は、恵比寿駅方面に向かって歩き始める。しばらく歩いて駅前にあるスーパーに立ち寄ると、晩ご飯用なのか長ネギ、白菜、豆腐、ポン酢などを買い込み、そのまま一人で自宅へ帰っていった――。

田中と言えば’17年6月、自身の担当ヘアスタイリストとの不倫デートを本誌にスクープされている。妻の仲間が仕事で日本を離れているスキを見計らっての行動だった。報道を知った仲間は、すっかり憔悴(しょうすい)してしまった。

「二人は、’07年のドラマ『ジョシデカ! ―女子刑事―』(TBS系)などで共演したことをきっかけに、6年もの交際期間を経て結婚しました。仲間は結婚当初から出産願望が強く、早く子供を授かりたいと言っていたそうです。毎日のように基礎体温を測ったり、産婦人科に通って相談したりと、けなげな努力を積み重ね、必死で”妊活”に励んでいたとか。そうした最中(さなか)での浮気発覚ですから、一時、夫婦仲は急激に冷え込んだそうですよ」(芸能リポーター)

しかし、不倫報道後はさすがに反省したのか、田中も以前とは打って変わって献身的な夫に様変わりしたようだ。

「不倫がバレた後、田中は仲間に対してひたすら平謝りだったとか。仲間は一時期、離婚も考えたそうですが、田中は何としてもそれだけは避けたかった。最終的には仲間も田中を許すことにし、逆に夫婦仲は深まりました。いまは田中も行動を改めて、以前はまったくしなかった料理まで手伝うようになったんですよ。6月には待望の赤ちゃんも生まれましたし、もう田中が浮気に走ることもないでしょう」(前出の芸能リポーター)

田中はすっかり改心し、すでに”良きパパ”の片鱗を見せ始めているという。知人に対しても、妻の妊娠を喜んで報告していた。

「6月上旬に西麻布の日本酒バーで、田中と後輩らしき男性二人が話しているのを見かけました。後輩が『出産祝いしますよ!』と言うと、田中が『じゃあダブルでお願い』と答え、笑いが起こっていました。『ダブル』という言葉に笑いが起きていたので、もしや生まれてくる子供は双子なのかなと思ったのですが、本当にそうでした(笑)。田中は、『お父さんになるってどんな気分?』と後輩の一人に尋ねたり、『お父さんになったら子役との接し方も変わってきそうだね』と話したりしていました。子供が生まれるのが楽しみで仕方がないという雰囲気でしたね」(店に居合わせた客)

大女優を裏切った不倫男も、いまや妻と子供のことで頭がいっぱいのようだ。これからは双子の父。二度目の失敗は許されないのだ。

6月下旬の昼過ぎ、都内の病院へ向かう田中。真夏日の中、電車やバスには目もくれず2時間も歩き続けた

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

撮影:原 一平(仲間)、西 圭介(田中)

 

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事