元KAT-TUN田口と小嶺麗奈「愛の逃避行」の“なれの果て”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
都内のバッティングセンターで汗を流す田口。運動神経抜群だが、ヒットは打てなかった(11年)

5月22日、大麻取締法違反で逮捕された、人気アイドルグループ『KAT-TUN』の元メンバーである田口淳之介容疑者。恋愛関係にあった女優の小嶺麗奈容疑者も一緒に逮捕されている。

「2人は07年に交際が発覚して以来、ずっと付き合っていました。16年に田口がジャニーズ事務所を退所したときに設立した個人事務所には、小嶺も役員として入っていました。まさに、公私共に支え合っていた感じでしたね」(スポーツ紙記者)

06年に『KAT-TUN』のメンバーとしてCDデビューし、デビューシングル『Real Face』はミリオンセラーを記録。アイドルとしての絶頂期から、2人は交際していた。

「まさにアイドルとして勝負という時期に、小嶺との熱愛報道が飛び出した。女性ファンが多いグループだけに、事務所としては別れるよう勧めたが、田口は頑として首を縦に振らなかった。しかも、当時、彼女は六本木や西麻布などのクラブなどに出入りする姿が頻繁に目撃されていましたし、ガラの悪い男たちとの繋がりも噂されていたんです」(芸能リポーター)

『KAT-TUN』時代からも、二人の交際は何度もマスコミをにぎわせている。世間から隠そうともしない“アイドルらしからぬ”交際態度に、事務所サイドは何度も頭を痛めていたという。

「田口の退所理由は1つでは無いでしょうが、小嶺との交際が一因であったのは間違いない。まさに恋人のために、アイドルを辞めたということでしょう。事務所のアドバイスを聞かず、別れないで付き合い続けたのはある意味立派ですが、結果、こんな結末になるとは、情けない限りですよ」(レコード会社関係者)

独立後は、小嶺はマネージャーとして田口の撮影現場や、媒体への売り込みなどを積極的に行っていたという。だが、その努力もむなしく、ジャニーズ事務所独立後の17年に結んだユニバーサルミュージックとのメジャー契約も、翌年には売り上げ不振で打ち切られてしまっている。

「7月5日からは全国17か所21公演のツアーが計画されていました。今回の逮捕でそれらが中止になる可能性は高い。そうなると、違約金が発生するかもしれませんね。田口の個人事務所がそれを背負うわけですから、役員である小嶺と共に、2人で返していくことになるでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

トップアイドルという地位を投げうってまで、小嶺との将来を選んだ田口。その結末が、2人で一緒に逮捕とは、あまりに情けなさ過ぎるではないか……。

  • 撮影益田周一

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事