遠藤憲一 生活保護受給者を演じるコワモテ俳優の笑顔

目撃!ハリコミ24

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

世田谷区 20時20分

コンビニでのロケ。モニターで何度も演技をチェックしていた

6月下旬の夜8時過ぎ、世田谷区内のコンビニ前に人だかりができていた。その輪の中心にいたのは、遠藤憲一(57)。ドラマやCMに引っ張りダコで、いまや彼の姿をテレビで見ない日はないほどだ。

この日行われていたのは、7月クールのドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の撮影。遠藤が演じるのは、ヒロインの吉岡里帆(25)演じるケースワーカーが担当する生活保護受給者という役柄だ。

「実は、このロケの前日は遠藤の誕生日だったんです。そのため、この日は一緒に撮影がなかった吉岡までわざわざ現場に駆けつけ、特大ケーキでお祝いしたそうですよ」(テレビ局関係者)

撮影の合間、スタッフの輪の中にいる遠藤は常に笑顔。芸能界きってのコワモテ俳優は、主演女優からもスタッフからも愛されているのだ。

本誌未掲載カット

撮影:山田宏次郎

関連記事

《ニュースの現場 FRIDAY 目撃!ハリコミ24》

本田 翼&関ジャニ∞ 横山 裕

鈴木京香

遠藤憲一

天野ひろゆき

つんく♂

 

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事