富士山大噴火 確率上昇のサインが出た

むしろ「噴火がない状態が続いているのが不思議」という「噴火のデパート」の危険性

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

富士山近くの林道では大規模な地割れや段差が確認されている

「富士山はいつ噴火してもおかしくない状態です。最後の噴火は1707年の宝永噴火で、それから300年間は噴火していない。しかし、平安時代には頻繁に噴火していた。ですから宝永噴火以降に噴火がない状態が続いているのは不思議です。恐ろしいのは、前の噴火が300年前の事なので、どんな現象が現れたら噴火するかというデータが何もない事です」(武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏)

5月から6月にかけて、大きな被害をもたらしたハワイ・キラウエア火山とグアテマラ・フエゴ山の大噴火。後者の死者・行方不明者は300名を超えた。日本でも3月に新燃岳(しんもえだけ)が噴火しており、世界的に火山活動が活発化している。島村氏は富士山噴火の危険性についてこう語る。

「問題はどこまで行ったら危ないかという境目がわからないことです。富士山で言うと、たとえば地下15〜20㎞のところで低周波地震が起きています。マグマの活動に何らかの関連はあるのですが、それがどこまで行ったら噴火が起こるのかという限界がわからない」

近年、富士山の周辺では異変が多発している。’13年には河口湖の水が大幅に減って一時的に離れ小島まで歩いて行けるようになった。’11年の震災後には、富士宮市で地下水が異常に湧出して民家の床下浸水が起きるなどの騒ぎがあった。

この地下水の湧出について、火山活動の活性化を示す「水噴火」の可能性があると指摘するのは、琉球大学名誉教授の木村政昭氏だ。

「『水噴火』とは、地下水を大量に含む地盤に地殻変動による圧力が加わり、地盤に亀裂が入って減圧が発生、水が発泡して噴き出ることを指します。地下水の大量湧出はこれが原因とも考えられ、火山活動の副次的な現象です。やがてマグマの上昇が加速し、本格的な火山活動が始まると推測しています」

もしも富士山が噴火した場合、それはどれくらいの規模でどれほどの被害をもたらすのか。

「富士山は噴火のデパートと言われていて、これまで様々なタイプの噴火をしています。江戸時代の宝永噴火では江戸まで2時間で火山灰が届きました。その前の864年から866年にかけて起きた貞観噴火では多量の溶岩を出しました。東京から富士山が見えるということは、間に遮るものがないということ。もし次の噴火が大規模な噴火だった場合、グアテマラのような200℃を優に超える火砕流が東京まで来る可能性もあります」(島村氏)

大噴火のサインはもう出ている。

5月3日以降40日以上にわたり活発化するハワイのキラウエア火山

写真:毎日新聞社/アフロ(1枚目) ロイター/アフロ(2枚目)

関連記事

「大阪大震災」震度6弱 倒壊現場で生死を分けた瞬間

活断層マップでチェック あなたの自宅下も震源地かも?

 

 

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事