セネガル戦で日本代表を襲うストライカーの「爆発的ドリブル」

セネガル・マネ選手 直撃取材で仕上がり具合をチェック!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

ケイタ(右)らセネガルの主力たちは記者を牽制。「ハイボールには自信がある。競り合いに負けるつもりはない」(DFのクリバリ)

決勝トーナメント進出に向け、大きく前進した日本に立ちはだかるのが、FIFAランク27位の強豪・セネガル。なかでも厄介なのがエースストライカーのサディオ・マネ(26・リヴァプール)だ。

爆発的なスピードのドリブルを武器に、プレミアリーグで10得点。チャンピオンズリーグでもゴールラッシュを見せ、決勝のR・マドリード戦では同点弾を放つなど、最後まで王者を苦しめた。

そんな猛獣の仕上がり具合をチェックすべく、本誌特派記者がセネガルのW杯直前合宿の地・クロアチアに飛ぶと即、FWのケイタ・バルデ・ディアオ(23・ASモナコ)に「勝手に撮るな!」とプレスをかけられた。そこへマネが登場。

「W杯に簡単な試合なんてない。みんな厳しい予選を勝ち抜いてきたチームばかりだからね。とくにグループHはどのチームにもチャンスがある。日本はカガワにヨシダ、オカザキら欧州でプレーしている選手がたくさんいるいいチームだが、勝つために全力を尽くすよ。セネガルは’02年の日韓W杯で初出場し、ベスト8に進出した。今回もそうなればいい」

静かに燃えるマネ。逆に怖いぞ……。

「マネはスピードに優れ、パワフルで身体能力が高いうえにテクニシャンでもある。止めるのは容易ではない。裏を取ったり、少ないボールタッチで速いテンポでプレーするなど、日本が自分たちの戦い方に持ち込めば、チャンスはある」(『ラジオ・セネガル』バシル・シラー記者)

マネを止められれば勝機はある!

本誌取材にマネは「僕にとって初のW杯。いい大会にするぜ!」

撮影・文:栗原正夫(スポーツライター)

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事