安倍昭恵夫人、『Jupiter』熱唱で姑の誕生会を凍りつかせる

ゴッド・マザー洋子の誕生日を妻・昭恵と祝福 安倍晋三は家庭の危機管理には我関せず

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

姑の誕生日会を終え、ホッとした表情の昭恵夫人。安倍総理は終始ご機嫌で、野次馬にも手を振っていた

「ひとりじゃ~な~い~♪」

招待した歌手・平原綾香に合わせて、昭恵夫人(56)が『Jupiter』を感極まった様子で歌い始めると、洋子さん(90)の笑顔は一瞬で凍りつき、親族たちの間には張り詰めた空気が流れた――。

6月16日、東京・恵比寿の超高級フレンチ『ジョエル・ロブション』で、安倍晋三首相(63)の母・洋子さんの誕生日会が開かれた。

洋子さんは、岸信介元首相の長女にして、安倍晋太郎元外相の妻。次男である晋三首相を含め3代にわたる「名門」を支えてきた、まさに「ゴッド・マザー」だ。それだけに、多忙な安倍家の面々も、この日の誕生日会には勢揃いした。

「去年は親族だけでしたが、今年は卒寿のお祝いということもあり、友人ら80人ほどを招いての大々的なパーティでした。長男で実業家の安倍寛信さんが司会を務め、三男の岸信夫衆議院議員の姿もありました。『卒寿おめでとう。いつまでも元気でいてください』という総理の挨拶で会はスタートし、政治の話は一切ありませんでした」(出席者の一人)

昨年2月に森友問題が勃発して以来、”元凶”となった昭恵夫人には、洋子さんはいまだにご立腹。晋三首相を挟んで座っていたが、昭恵夫人との会話は一切なかったという。


「昭恵夫人も自重して、話しかけられたら微笑んで返事をするという態度を貫いていた。しかし、平原綾香の『Jupiter』を生で聴いたらいたく共感してしまったようで、一緒に歌い出したんです。世間からも親族からも糾弾されている自分に重ね合わせるように『ひとりじゃない~』なんて気持ちよさそうに歌うもんだから、洋子さんが爆発しないかとヒヤヒヤしました」(同前)

一方、冷戦状態の嫁と姑に挟まれた晋三首相は、「モリカケ問題」を乗り切ったと思ってか終始上機嫌で、高級コースを堪能した後、デザートのケーキもぺろりと平らげた。「日朝会談の実現」など自身の外交力は盛んに喧伝しているが、どうやら「家庭の危機」については我関せずという態度を決め込むことにしたようだ。


「支持率も回復傾向で、秋に予定されている総裁選での三選も確実と見て、安倍首相は余裕なのかもしれません。しかし、実現を目指している日朝会談は、土壇場でどう転ぶかまったく予想できない。カネだけ取られ、金正恩が『拉致問題は解決済み』と言い出す可能性は大いにあります。そうなれば支持率は失墜するかもしれず、日朝会談は両刃の剣でもあるのです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

今回のパーティが、首相として参加する最後の誕生日会となるかもしれない。

約4時間の会を終え、店を出た洋子さん。先に出た晋三・昭恵夫妻とは別々にクルマに乗り込んでいった

撮影:小松寛之

 

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事