“初公判”ピエール瀧のウラでまだ新井浩文の裁判が始まらないワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
6月5日に初公判を迎えたピエール瀧被告。違約金問題など、「いばらの道」が待っている

コカインの使用などにより3月12日に逮捕され、麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告が、6月5日に初公判を迎えた。20代から大麻やコカインなどを使用していたことを供述しており、薬物依存の根の深さを伺わせる。

「現在、瀧被告は都内近郊にある依存症治療の病院に通院し、グループ治療などを受けているようです。逮捕当初は14年間連れ添った妻と離婚話も出たようですが、彼女は夫を支えることを選択。中学生になる娘もそれを認めたようで、家族3人で更生への道を進むことになりそうです。家族のサポートを得られることは、裁判でも彼に有利な材料となるでしょうね」(スポーツ紙記者)

そんな瀧被告の逮捕よりさかのぼること約1か月半前。派遣型マッサージ店の30代女性への強制性交容疑で、2月1日に逮捕されたのが新井浩文被告だ。

すでに瀧被告の初公判が行われているにも関わらず、新井被告に関しては初公判の日程すら発表されていない。

「この手の性犯罪などでは、被害者との示談を成立させ、起訴を免れる容疑者も多くいます。しかし、新井被告の場合は、2月21日に起訴されているので、この時点で示談が成立しなかったのは間違いないでしょう。ただ、起訴後も被害者との示談が成立しているか否かは、判決に大きく影響してきます。ですが、被害女性はかなり怒っているようで、示談が成立したという噂は聞こえてきませんね」(ワイドショー関係者)

近年は、性犯罪には“厳しい判決を”という流れになっている。もし、有罪になった場合は、実刑の可能性も否定できない。

「薬物のような“自己犯罪”とは違い、被害者のいる犯罪は裁判もかなり慎重になります。最近は日本の裁判もアメリカ式を目指しているので、公判前整理手続きを徹底的にすることが多い。特に性犯罪の場合は『セカンドレイプ』の懸念もあるので、裁判官もかなり神経を使うんです」(全国紙社会部記者)

公判前にはある程度、カタをつけておくのが“今流”だとか。保釈されてから約3か月経っても、まだ初公判が決まらないことは、特に長くはないようだ。

「ピエール瀧被告の場合、初犯ですし執行猶予が2~3年付くのが大方の見方ですよ。執行猶予中はライブやレコーディングなどの音楽活動ができる可能性はありますが、テレビなどに出るのは当分難しいでしょう。さらに、新井被告の場合は、仮に執行猶予がついて、それが明けたとしてもテレビや映画に復帰するのはかなり難しいでしょう。やはり、被害者がいるというのがもっとも大きい。被害女性が『彼の顔を見たくない』とコメントされたら、放送や公開ができなくなってしまう。そのリスクを負ってでも彼を出演させるかというと、それはかなり厳しいですよ」(映画関係者)

いずれにしても、再スタートには『いばらの道』が待っている。

  • PHOTO蓮尾真司

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事