令和版・金八先生「俺スカ」で輝くスポーティー美女・箭内夢菜

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

内に秘めたキラキラする生命力の強さを持て余すように、長い手足をぶらぶらさせて「ドラマの現場がすごく楽しい」と笑顔で話す。ヘルシーなのに、そこはかとなく艶を感じさせる、箭内夢菜(やない・ゆめな)。10代でこの存在感。久しぶりにこんなに目を奪われる女優に会った。

古田新太がゲイで女装家の教師・原田を演じ、その見た目はもちろんだが、ストーリーも笑って泣けると話題の「俺のスカート、どこ行った?」(毎週土 夜10時 日テレ系)本作に生徒の“堀江もも”として出演中の彼女。実は前クールの「3年A組—今からみなさんは、人質です—」(日テレ系)から続けて女子高生役を演じる。

「前回は物語も緊迫したものだったので、同じ女子高生役といっても、かなり現場の様子は違います。今回は本当に高校のクラスにいるみたいで、現場に行くのがとにかく楽しいです。この春に高校を卒業したのですが、高校時代のときより今の現場のほうが高校生活とか青春っていう感じで、エンジョイしています。授業のシーンで映らないときにノートにメモを書いてまわしたり(笑)。古田さん演じる原田先生にも、ずいぶん慣れてきて、今では実際の学校の先生よりも“先生”という感じがします。毎回、原田先生が言う名言が心に残るのですが、“人のために謝れないってどういうことよ!”っていう言葉が印象に残っています」

古田が演じる型破りな担任・原田が生徒のひとりひとりと顔を付け合わせて対話するシーンでは、金八先生も顔負けの名台詞が飛び出す。“ダイバーシティ社会”と唄われて久しいが、そんな難しいことを考えなくても、ひとりの人間として互いが認め合い、理解を深める様子をさらっと描くあたりは、令和版「3年B組金八先生」といってもいいだろう。

そしてこの難しい役は古田新太という俳優がいて成り立っているものかもしれない。そんな怪優と共演できることについて、箭内は、こう語る。

「最初に共演できると聞いたときはうれしさと同時に緊張もありました。でも、何度か古田さんとシーンをご一緒させて声をかけていただく中で、張りつめた気持ちは緩んできましたね。でも、毎回、名言で涙を誘ったあとにカツラが取れて笑いにするのを拝見すると、やっぱり恐れ多い(笑)。撮影中もかなりアドリブが多くて、役者さんも監督も笑いながら“カット!”って言っています。本当にすごい役者さんだなと思います」

ちなみに実際に自身の学生時代に印象に残っている先生はいるのかと尋ねると「高校時代の担任の先生には本当に助けてもらった」と話す。今も地元の福島から通いながら仕事を続ける彼女、当時も芸能と学生の両立は大変だったらしく、学生時代には進学が危ぶまれたときもあったらしい。そんなときも先生が親身になってくれたそうだ。

「単位が足りないときも、代わりにレポートで対応をしてくれたり、多くのサポートをしてもらいました。このサポートがあったからこそ、今、女優やモデルとしてお仕事ができていると思います。演じることも、モデルとして撮影をすることも、全力でできるのは先生のおかげかな。ドラマの中の“もも”はチア部に所属するスポーツ女子でハキハキしているのですが、実際の私もそんな感じで前向きなんです。お仕事に集中できるようになった今だからこそ、どんな役でも挑戦していきたいですし、モデルとしても読者のみなさんに喜んでもらえるような誌面を作っていきたいです」

2017年にデビューし、女優として、モデルとして、走り始めたばかりの彼女。でも彼女の中にある原石は隠しきれないほどまぶしく光り、その魅力に多くの人がハマりはじめている。すでに雑誌で彼女の特集が組まれたりするなど、注目しておいて損はない女優。等身大の女子高生の役が今のところは多いが、これから見せてくれる新しい表情が楽しみでしかたがない。

箭内夢菜(やない・ゆめな) 2000年、福島県生まれ。ファッション誌「Seventeen」のオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルに。女優として「チア☆ダン」(TBS系)や映画「雪の華」などに出演し、2019年は冬、春クールと連続でドラマで活躍中。

  • 企画・構成SUPER MIX知野美紀子(SUPER MIX)撮影木邑旭宗

Photo Gallary10

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事