プロ麻雀界激震 ナンバー1美人雀士が不倫で夫をポイ捨ての愛憎劇

4月末に浮気離婚した「卓上の舞姫」は娘の親権まで放棄し男性チームメイトのもとへ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ファミレスで30分ほどの夕食を終え、駐車場に向かう二階堂亜樹と勝又健志。マスクをして周囲を警戒している様子だ

6月初旬の夜10時頃、東京都新宿区にある「日本プロ麻雀連盟」のスタジオから、スーツ姿の男が出てきた。周囲をキョロキョロと見回しながら足早に歩いていくのは、「麻雀IQ220」の異名をもつ実力派プロ雀士の勝又健志(けんじ)(38)である。

恰幅の良い身体に似合わずオドオドしながら大通りを避けて歩き、住宅街のほうへ向かっていく勝又は、これから麻雀仲間との飲み会に合流するといった雰囲気ではない。

人気(ひとけ)のない住宅街の中、小さなコインパーキングに入った勝又を、小柄な女性が黒いベンツの運転席から出迎えた。麻雀ファンの間で知らぬ者はいない美人プロ雀士、「卓上の舞姫」こと二階堂亜樹(37)である。

二階堂は、6年前に同じくプロ雀士の井出康平(36)と結婚したことを発表し、今では1児の母だ。娘を送り迎えしたこともあるだろうベンツの助手席に勝又を乗せ、2人は出発した。

二階堂と勝又は、昨年7月に大々的にスタートした麻雀のプロリーグ「Mリーグ」にて、共に「EX風林火山」に所属している。だが、車内で楽しげに話す2人は、チームメイト同士の打ち合わせにしては様子がおかしい。

2人が向かったのは練馬の住宅街だった。途中、夕食のためファミレスに立ち寄ったのだが、二階堂は帽子、メガネ、マスクと過剰な変装で車から店まで移動。夕食後は再びそろって車に乗り込み、近くのマンションのほうへと走り去って行った。

後日、この一夜の出来事について詳しく聞くため、本誌は二階堂を直撃取材した。しかし彼女は頑として一言も語らなかった。

さらに本誌は、二階堂の夫である井出に直撃。二階堂と勝又のツーショット写真を見た井出は、観念したかのように力なくこう語った。

「実は亜樹とは4月末に離婚しているんです。そのきっかけとなったのは、亜樹と勝又選手の不倫です。3月の上旬頃から亜樹の様子がおかしかったので、問いつめてみたところ、不倫を告白されました。それからしばらくして勝手に家出しちゃいましたよ。それ以来、離婚について協議していました」

半年前まではSNSで家族3人の写真を投稿するなど、仲睦まじく見えていた二階堂と井出の夫婦。だが、離婚に至るまでには、泥沼の愛憎劇が展開されていたようだ。井出の友人が言う。

「3月に不倫が発覚したとき、井出さんは、一度は妻の不貞を許したんです。二階堂さんは井出さんに、『もう二度と不倫はしないし、勝又さんと仕事以外で接触しない』と誓ったそうです。しかし、それもその場しのぎのウソだったんでしょう。3月末に二階堂さんは勝又さんと一緒に娘さんを連れて家出。それによって、2人の仲は終わってしまいました。その後は、娘さんの親権や養育費等をめぐり、弁護士を立ててやり取りをしていた。ようやく4月末に決着がつき、井出さんが娘さんの親権を持つ形で離婚が成立したようです」

2人が所属するMリーグは、「麻雀に対する負のイメージの払拭」などを理念として掲げている。その中心となる人気選手同士がチーム内で不倫をしていたとなれば、イメージ悪化は免れない。

今回発覚したスキャンダルは、「Mリーグ」を楽しみにしていた全国の麻雀ファンを悲しませることになるだろう。

チーム勝利の喜びを分かち合う二階堂亜樹と勝又健志。チームメイトで試合外も一緒にいることも多かった(EX風林火山の公式Twitterより)
2年前の夏、夫婦で食事を楽しむ二階堂と井出。肩を寄せ合い仲睦まじい雰囲気に見える
本誌未掲載カット プロ麻雀界激震 ナンバー1美人雀士・二階堂亜樹が不倫で夫をポイ捨ての愛憎劇
本誌未掲載カット プロ麻雀界激震 ナンバー1美人雀士・二階堂亜樹が不倫で夫をポイ捨ての愛憎劇
本誌未掲載カット プロ麻雀界激震 ナンバー1美人雀士・二階堂亜樹が不倫で夫をポイ捨ての愛憎劇 二階堂を直撃

『FRIDAY』2019年6月28日号より

  • 撮影田中俊勝

Photo Gallary6

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事