中居、タッキーも駆け付け…。ジャニー喜多川氏“緊急入院”の波紋

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ジャニ―喜多川氏の薫陶を受け、後継者に指名された滝沢秀明(13年)

6月18日の午後、芸能マスコミに衝撃が走った。

「ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が自宅から緊急搬送されたようだ……」

各社は“裏取り”に奔走。そして、都内のある病院に入院していることが分かった。

「普段、ジャニー氏が通っている病院ではなく、別の病院だったため、緊急ぶりがうかがえました。当初、事務所側は入院していることを明らかにしなかったのですが、最終的には渋々ながら認めましたね」(ワイドショー関係者)

夕方ころにはマスコミ各社が病院前に集まった。だが、病状は明らかにされることはなく、現場では“重病説”まで流れたという。

「スポーツ紙や週刊誌などは深夜を過ぎても、病院前に張り付いていました。いかにも芸能人が乗るような濃いスモークガラスのワンボックスカーが何台も来ていましたね。中には、中居正広と滝沢秀明が移動に使っていると思われる車も来ていましたね」(女性誌記者)

タレントでもない、芸能事務所社長の入院にマスコミが騒ぐのは、その存在が芸能界で絶大なものだからに他ならない。

「ジャニー氏は若手のスカウトや育成、舞台などの演出を担当。事務所の実質的な経営は、姉であるメリー喜多川氏が握っています。この両輪がうまく機能してきたことで、一大勢力を築き上げたワケです」(ワイドショー関係者)

今年3月に公開された『映画 少年たち』では製作総指揮を務めるなど、87歳という年齢ながら、精力的に活動してきた。また、ジュニアの舞台を、小まめに見に行くなど、現場に姿を見せることで、事務所のメンバーをまとめてきた。

「所属タレントにとって、ジャニーさんはスカウトして育ててくれた“芸能界の父”的な存在。精神的な支柱であることに、間違いはないでしょう。そんな彼の入院生活が長引き、現場に姿を見せない期間が長引くことになるようなら、事務所の求心力にも影響が出てくるでしょうね」(芸能プロ関係者)

姉であるメリー氏は健在であり、その娘であるジュリー藤島副社長が次期社長に就任することは、以前から水面下で準備されていた。

また、若手育成やプロデュースなどは、18年に引退した滝沢秀明が担っており、すぐに現場に支障が出るということはなさそうだが…。

「ジャニーさんがいるから独立を思いとどまっている人は、事務所内には多いと思いますよ。SMAPメンバーが事務所を離れたとき、中居が残ったのも、彼の存在があったからなのは間違いない。
また、最近では、関ジャニ∞の錦戸亮や大倉忠義の独立が報じられました。TOKIOの長瀬智也なども、事務所に不満を募らせていると言われています。ジャニーさんの求心力が弱まった時、彼らがどう動くかが気になるところです」(前出・芸能プロ関係者)

「男性アイドル」というジャンルを築いたジャニー氏の、1日も早い復帰が待たれる。

  • PHOTO竹本テツ子

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事