福士蒼汰 岸部一徳も共演 笑顔と気配りが絶えないロケ現場

目撃!ハリコミ24〈新宿 08時55分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
スタッフらが機材を確認している間、ちょっと小休止。休憩中は岸部と何やら笑顔で話し込むこともあった

連ドラの撮影スケジュールは過酷だ。短期間で撮り終えなければならないため、早朝から深夜まで撮影が続くことが多い。6月上旬のある日も、朝8時過ぎから新宿の公園で連ドラの撮影が行われていた。7月スタートの『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)だ。

カメラの前に立っていたのは、福士蒼汰(26)と岸部一徳(72)。公園には多くのエキストラが集まっており、なかには親子連れや犬を連れた人も。福士は、撮影の合間にはリラックスした様子で談笑したり、エキストラの小さな子供が転びそうになると「あっ!」と声を上げるなど周囲に目配りを欠かさなかった。

本作では、営業スマイルができない堅物のウエイター役を演じる福士だが、実際には、笑顔が素敵な好青年なのである。

『FRIDAY』2019年7月5日号より

  • 撮影岡田浩太郎

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事