宮迫博之の闇営業で『アメト――ク!』スポンサー離れが始まった!

詐欺グループが高齢者数千人からだまし取った200~300億円から吉本芸人に渡ったギャラ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’14年12月の忘年会。芸人たちは持ちネタを惜しげもなく披露したが、ギャラは受け取っていないと主張

吉本の看板芸人・宮迫博之(49)がいよいよ追い詰められている。自身の冠番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)から、スポンサーが撤退を始めたのだ。

「ナショナルスポンサーの一つである三井住友銀行(SMBC)が、6月13日の放送からCMを降ろしました。その理由はほかでもありません。フライデーの『闇営業』報道以降、SMBCにクレームが殺到したからです。クレームは『宮迫が出ている番組にカネを出すなんておかしい』といったものが多く、宮迫および吉本芸人への嫌悪感がいかに激しいかを物語っていた。SMBCはまだ正式決定をしていませんが、CMだけでなく、スポンサー自体を降りることも検討しているようです」(SMBC関係者)

世間が許さないのも当然だろう。詐欺グループの忘年会および誕生会に参加した宮迫ら吉本芸人は、「ギャラはもらっていない」と釈明を続けているが、この言い訳はあまりにも苦しい。事実、本誌は前号(6月28日号)で、「間違いなくギャラは支払っていた」という元詐欺グループ幹部の証言を掲載。宮迫らがギャラをもらっていた可能性は極めて高い。

ギャラとはもちろん、高齢者から騙し取ったカネ。しかも、宮迫らがパーティに参加した詐欺グループは、生半可な犯罪集団ではない。日本史上最大と言っても過言ではないほどの、大規模詐欺を働いていたのだ。詐欺グループの元メンバーが証言する。

「忘年会から約半年後の’15年6月にグループのメンバー40人が一斉逮捕された際、〈被害者は約60人、被害総額は20億円超〉と報じられました。でも、これはあくまで警察が把握できた数字。俺らが詐欺をやっていたのは’13年頃から逮捕されるまでですが、その間、全国の高齢者数千人を騙し、少なくとも100億円、おそらく300億円ほどは稼ぎまくりました」

警視庁をはじめ全国18都府県警が合同捜査本部を設置していたことからも、犯行がいかに広範囲で行われていたかが窺える。’15年6月には、グループの幹部である大野春水(しゅんすい)(当時27)が逮捕。翌’16年の2月には、逃走を続けていた残りの幹部である、小林宏行(同28)と高松聡(同28)も逮捕された。

周到すぎる手口で荒稼ぎ

数千人から300億円とは驚きだが、いかにしてそれほどの人数を騙したのか。元メンバーが続ける。

「俺たちが主にやっていたのは、社債詐欺です。『お得な社債を買いませんか?』と電話をかけ、カネを振り込ませるという手口。もちろん、社債は架空ですが、かなり手が込んでいました。事前にその架空の会社のビラを撒きまくり、名簿業者から買った高齢者に片っ端から電話をかける。電話をするメンバーを『かけ子』と呼ぶんですが、彼らにも役割分担がありました。最初に電話をする証券会社の営業マン役のほか、ライバル証券会社の営業マン役やマスコミ役、さらには警察官役までいたんです」

これはいわゆる「劇場型」と言われる手口だ。まず最初に、証券会社の営業マン役が「社債を買いませんか」と電話。そこから連続してライバルの証券会社役が「うちで先に」と電話をしたり、マスコミ役や警察役が「あの会社は信用できるので大丈夫です」と告げたりすることで、高齢者を信じ込ませるのである。

手が込んでいたのは手口だけではない。逮捕を免れるための準備も、周到に行っていたという。

「かけ子のアジトは5つほどありました。基本的にはすべて都内で、各アジトの所属は10人程度。それぞれに班長がいて、売り上げは各アジトの金庫に保管される。それこそ、数億円という単位のカネが金庫には入れられていましたよ。アジトは足がつかないよう、2~3ヵ月で必ず変える。物件はかけ子とは別のメンバーで構成された『不動産部隊』が探します。そのほかにも、詐欺で稼いだカネを流用するため、エステや風俗など、いくつか”表向き”のダミー会社も経営していました。

もろもろ集めると、グループのメンバーは総勢200人近くいたと思います。メンバー集めは、幹部や班長の仕事。地元の後輩などに声をかけるんですが、信用できるかを確かめるため、ちゃんと面接までやっていた(笑)。カネを持ち逃げするのを防ぐため、実家の住所まで提出させる班長までいました。”フツーの会社”だと思わせるため、かけ子の『勤務時間』は平日朝10時~夜19時。昼休憩は1時間で、土日祝は休みでした」

まさに”組織犯罪”と呼ぶにふさわしい手口――。詐欺でボロ儲けしていた彼らが、パーティに呼んだ吉本芸人にギャラを大盤振る舞いしていたと考えるのが自然だろう。何といってもそのカネは自分で苦労して稼いだわけでなく、濡れ手で粟の”犯罪資金”だったのだから。今年4月に吉本を辞め、現在はアイドルのプロデュース業をしている元芸人・楽しんごが「闇営業」について語る。

「今回、フライデーさんの報道を見て思ったのは、名前が売れている人が多いということです。吉本って、一度ある程度名前が売れちゃうと、地方営業みたいな小さな仕事を入れてくれなくなるんです。そうすると、人気が下り坂になってきたときに、一気に食えなくなってしまう。僕が実際そうだったのでよくわかるんです。そんなときに知り合いから『ちょっと個人的に顔出してよ』と誘われれば、やはり行っちゃいますよね……。宮迫さんは別の理由があったのかもしれませんが、ほかの芸人たちはそういう背景があったんでしょう」

「カネはもらっていない」「詐欺グループだとは知らなかった」という芸人たちの言い訳に、世間は納得していない。このまま真実を語らないならば、今後、ますますスポンサー離れは加速。批判の声は、パーティに参加した芸人のみならず、吉本本体にも及ぶだろう

『ロンドンブーツ1号2号』田村亮と『カラテカ』入江慎也は、パーティの以前から詐欺グループと接触。彼らの仕事について知っていたと見られる
稼いだカネで海外旅行を満喫する詐欺グループ幹部。毎晩のように、六本木や麻布で豪遊もしていたという
元メンバーによると、「誰が入手したものかはわからないが、アジトには拳銃も転がっていた」という
アジトの内部写真。1000万円ほどの現金が無造作に机に置かれていることからも、稼ぎぶりが窺える

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事