タイガー・ウッズ 13年ぶりに日本でプレー 優勝へ期待大

10月に習志野カントリーで 来年には東京五輪でも

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
全米オープンで見事なバンカーショットを見せた。全盛期から飛距離は落ちたが、小技のキレは衰えていない

43歳となったタイガー・ウッズは出場する大会を慎重に選んでいる。

6月16日に閉幕した全米オープン。腰や首に故障を抱えるタイガーはベストと言える体調からはほど遠かったが、メジャー通算16勝目を目指し、あえて参戦した。

「気温が低く、体調は明らかに良くなかった。それでも最終日には69で回り、意地を見せてくれたね」(スポーツチャンネル『ESPN』記者・ボブ・ハリグ氏)

全米OPは21位に終わったが、タイガーの照準はすでに7月の全英オープン、そして10月に日本で開催される「ZOZOチャンピオンシップ」に狙いを定めている。日本でプレーするのは実に13年ぶり。「完全復活」した姿を見せてくれるだろう。

「早々に出場を宣言しているからには、タイガーは万全の準備をする。気候の良い10月の日本で、良い試合をするというモチベーションは高いでしょう」(ハリグ氏)

タイガーには日本での大会に力を入れる理由があると、プロゴルファーで解説者の羽川豊氏はこう語る。

「親日家でもあり、来年の東京五輪にも出場したい。そのため、五輪会場となる霞ヶ関CCの下見もすると思います。タイガーの目標はメジャー最多優勝記録と五輪の金メダル。コースは違いますが、『ZOZO』を東京五輪につながる大会だと考えているはずです。『ZOZO』が開催される習志野CCは距離が長くないので、2打目のアイアンでの攻め方に注目したい。アプローチの引き出しは年々増えています。’01年に日本で行われた大会では、最終ホールでチップインイーグルを決めました。あのときのような想像力溢れる一打を見せてくれるでしょう」

タイガーチャージが再び見られるのか。日本のファンの楽しみは尽きない。

今も腰、首、膝に痛みが出ることがある。それをごまかしながら、ドライバーはまだ300ヤード近く飛ばす

『FRIDAY』2019年7月5日号より

  • 写真Getty Images

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事