蒋介石のひ孫は超イケメン細マッチョ その人気ぶりと不倫報道

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’15年、台湾の「遠見雑誌」が主催したイベントに参加した蒋介石のひ孫、蒋友柏氏(「You Tube」より)

細マッチョ貴公子――。

こう呼ばれ、台湾の女性から絶大な支持を受ける人物がいる。デザイナーの蒋友柏(しょうゆうはく)氏、42歳だ。注目される理由は、容姿端麗で筋骨隆々な外見だけではない。「台湾のケネディ家」と呼ばれる、華麗な家柄にもある。

ジャーナリストの周来友氏が語る。

「曾祖父は第2次世界大戦中に日本軍と戦い、台湾の初代総統となった蒋介石(しょうかいせき)。祖父も父親も有名な政治家です。友柏氏はニューヨーク大学を卒業後、’03年に弟とともに『橙果設計公司』というデザイン会社を設立。05年にはルノーF1チームのロゴを担当するなど、海外でも活躍しています。国内外のメディアから引っ張りだこで、台湾版ツイッター『微博(ウェイボー)』のフォロワーは65万人以上います。祖母がロシア人のため、彫りの’深い顔立ちに身長185㎝という長身。若い女性からはアイドル並みの人気があるんです」

華やかな経歴の友柏氏だが、今年に入りワイドショーも賑わせている。2人の子どもをもうけた妻で女優の林姮怡(りんこうい)と、離婚していたことが発覚したのだ。

「友柏氏は『本当に愛せる女性は妻しかいない』と、夫婦仲が良好なことをたびたびアピールしてきました。しかし’15年に、美人秘書として有名なAさんと不倫が報じられます。台北市内の1泊9万円以上するホテルのスイートルームに友柏氏がチェックインすると、すぐにAさんも入室。2人は翌朝まで出てこなかったんです」(台湾在住ライター)

不倫をスクープした「蘋果日報」によると、2人は毎日のように2~3時間同じスポーツジムに通い筋トレ。友柏氏の身体は1年ほどで、ボディビルダーのような身体になったという。

「Aさんがマッチョ好きで、友柏氏に身体を鍛えるよう勧めたようです。メディアに頻繁に登場していた友柏氏でしたが、不倫報道後は沈黙。家庭についていっさい話さなくなりました。夫妻はかなり前から夫婦仲が悪く、不倫をキッカケに別居したようです。慰謝料など折り合いがつかず調停が長引きましたが、今年に入りようやく離婚が成立したと聞いています」(同前)

だが、度重なるトラブルにもかかわらず友柏氏の人気は落ちていないという。

「台湾は政治家や役人の不祥事には厳しいですが、芸能人やビジネスマンには寛容です。特に友柏氏は、曾祖父や親たちの政界人脈に頼らず自立している。自分の才能を活かし、デザイナーとして世界で活躍する姿が好感を持たれているんです」(前出・周氏)

蒋介石は、たびたび苦汁を舐めつつ偉大な政治家になった。曾祖父の血を受け継ぐひ孫も、逆境をバネに偉大なデザイナーになれるだろうか。

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事