宮迫、田村亮…闇営業を生んだ吉本興業と芸人「なれ合い体質」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
”闇営業”騒動の収束には、事務所の構造や性質の見直しが必要なのかもしれない

余波は各方面にも広がり、今期最大の騒動と言える“闇営業”問題はまだまだ収まる気配がない。何社かの雑誌媒体には、新たな写真や情報が持ち込まれているという。

また吉本興業の対応に対して“決意表明”ではなく記者会見を開き、ちゃんと事情説明をしたほうがいという声は多い。ワタナベプロダクションは芸人が受け取った金額を発表したが、吉本がこれをあいまいにしていることにも批判がでている。またこれは両事務所に言えることだが、闇営業で芸人が受け取ったギャラをどうするか、何も明らかにされていない。

みんなが納得する形で騒動が収束するにはまだ時間がかかりそうだ。

そんな中で、処分が下された芸人たちに対する擁護の声が増えている。と同時に吉本興業の責任を問う声も。

すでに多く語られているように今回の“闇営業問題”は二つに分けて考えねばならない。ひとつは反社会勢力とのかかわり、“黒い交際”。過去はどうあれ今の時代、芸能人が反社会勢力とかかわりを持つことは許されることではない。

もうひとつは、通常“直(チョク)”あるいは“ショクナイ(内職のこと)”と呼ばれている、事務所を通さない営業だ。

直営業に関して、よく聞かれるのは「事務所から回ってくる仕事だけでは食えないから仕方ないだろう」という声。そして「だから直営業に走るのは事務所の責任だ」と。

芸人を抱える芸能事務所といったら、真っ先に吉本や松竹芸能の名前が上がるが、いまは老舗の大手事務所でも芸人を抱えている。

芸能事務所に所属するタレント多くは、スカウトかオーディションで選ばれる。少なくともタレントとしての“実力”をある程度見極めてからでなければ所属させることはないだろう。それはお笑い芸人においてもしかり。

吉本の抱える問題は、「6000人以上も所属タレントがいることではないか」と言うのはお笑い芸人も所属している大手芸能プロダクションのマネージャー。吉本に所属するタレントの大半は芸人である。

「会社の構造と性質からだと思いますが、吉本さんだからあれだけ多くの芸人が所属できているんでしょう。たいていの事務所は、しっかりとマネージメントできる範囲の人数で抑えていますから、所属タレントが仕事にあふれて生活に困るというケースはあまり見られません」

それだけの数の芸人が全員、普通に生活していける――、逆に言えば事務所が全員に満足なギャラを支払い続けるなど、無理な話と言えるだろう。

なかには、一向に仕事が回ってこない芸人だっているだろう。事実、飲食店や引っ越し業者などでアルバイトをして、生活費を稼いでいる吉本芸人が多数いる。そのようなアルバイトよりも簡単に稼げるのが“直”である。そのうえ取っ払いで現金を受け取れるので、二つ返事で受けてしまう気持ちは理解できる。

仕事も給料も満足に渡さない吉本は、そんな彼らを責めることができるのか、はなはだ疑問だ。となれば事務所に責任がないとは言えないだろう。

しかし一方で「だったらほかの事務所に移ればいいだろう」という意見もある。もし今回の騒動で指摘されたように、吉本と芸人の間に契約が交わされていないとするなら、退社に面倒な手続きも必要ないだろうし。

それでも彼らが吉本に所属するのは、それなりに旨味があるからだ。

「劇場をいくつも持っていますし、吉本が制作に携わっている番組も多いです。待っていれば、毎回ではなくても劇場や番組に出演する機会が巡ってくるでしょうし、芸人の中では“吉本芸人”というブランドは大きい存在ですから、プライドを保つことができるんでしょう」(前出・大手芸能プロマネージャー)

今後、事務所と芸人との間のしっかりした“契約”が交わされるようになれば、この構造が大きく変わるかもしれない。しかし、言葉は悪いが間引きされる芸人が多数出てくることは否めない。そうなれば必死に芸の研鑽に励む芸人も増えるだろう。

テレビをつければやたらと芸人が目につくことに、辟易している人が多いのも事実だ。自然淘汰が進み、お笑い界が大きく変わるいい機会なのかもしれない。

  • 佐々木博之

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事