日本一とも言われる奈良のパワースポットを原田龍二が礼賛

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

ミステリーチェイサー原田龍二の「奇怪倶楽部」file.012
これまで世界各国の不思議な生き物や、不思議な存在を語ってきたミステリーチェイサーの原田龍二。今回は、彼が強力なパワーを持つと言われる神社を訪ねた話をしよう。そこで起きた不思議な出会いは、彼の今後の人生の指針を示すものだった……。

雑誌やテレビでの特集が組まれるほど注目をされているパワースポット。「聖地」や「霊場」を意味し、自然の力や神社仏閣、その土地が持ちエネルギーに満ちた場所のことだが、日本にも全国各地パワースポットがあると言われている。その中でも今回、原田が訪ねたのは日本一といっても過言ではない、強い力を持つ神社だ。

招かれた者以外はたどり着けないといわれる、日本有数のパワースポット・玉置神社

最寄りの電車の駅、五条駅の前で。しかし、ここから更にバス・タクシーを乗り継いで目的地の玉置神社まで行く

さまざまな騒動を経て、また新たな気持ちで仕事に邁進できるようにと、「ダウンタウンDX」の企画として奈良県にある世界遺産「紀伊山地霊場と参詣道」の一角にある玉置神社(たまきじんじゃ)を訪ねた話をしましょう。手相占いの島田秀平さんが、「とにかくすごいパワースポットで、“招かれない限りはたどり着けない場所”です」と語っていらっしゃったのですが、まさにその通りの場所でした。この玉置神社、奈良県の十津川村にある玉置山の山頂にあり、とにかく道中が大変なんです。電車、バス、タクシーとひたすら乗り継いで行くのですが、その山道はとても険しく、訪ねる人々の行く手を阻むようです。天気が悪かったり霧がすごかったらあきらめるほどでしょう。

玉置山に鎮座する神社。この写真からも、いかに神社が山奥にあるかわかるだろう

縄文時代からある樹齢3000年の神代杉、修験者が最初にお参りする玉石社……。境内には肌がひりつくような神聖な空気が漂う

実はこの神社をおとずれるのは2度目でした。

玉置神社の鳥居をくぐり、境内を散策する

最初は旅番組で境内にある「神代杉」を紹介しに行きました。その杉は樹齢約3000年といわれ、古来から日本を見つめてきたそうです。境内に立つその姿はまさに神とあがめられるにふさわしいものでした。このような巨大な杉が境内の各地に見られるのは、境内が長い間聖域とされて杉の伐採が禁じられ、かつ、自然環境にも恵まれたためだそうです。前回も十分パワーを感じたのですが、今回は僕自身が身を清める願いを持って来ていただけに、厳粛な空気に背筋が伸びる思いでした。

玉置神社の本社。標高1000m近くに建つ
悪霊退散を目的として建立された本社の前で一人たたずむ原田は何を思うのか

そして2回目の訪問である今回は、「悪霊退散」「家内安全」を祈願するという目的があったので、「神代杉」ではなく、玉置神社でも一番のパワースポットで、修験道をするものは最初にお参りするという「玉石社(たまいししゃ)」を目指しました。とにかく広いこの神社、玉石社にたどり着くまでも急な登山道を歩いて行きます。本当に大変な道のりですが、驚くのはすれ違う人々の多さ。みなさんそれぞれ強い想いを持ってこの場に来ているのかと思うと、玉石社の持つ力に改めて敬意を感じざるを得ませんでした。そして山道を登り続けること約30分、やっと玉石社にたどり着きました。

森の中にひっそりとある玉石社。一切の建物がないが、厳かな空気が周囲に流れる

ここは社殿がなく、ご神体の玉石が直接地上に奉られています。大きな建物を建立する手だてがまだない時代、それでも自然や大きな力を敬う気持ちを表そうとした、そんなプリミティブな祈りのスタイルを見たようで心洗われる体験をしました。

奥にある大きな丸い玉石がご神体だ

パワースポットで原田に告げられた神の言葉とは……?

実はこの玉石社で不思議な出会いをしたんです。
神社でのロケを始める前に駐車場でスタッフの方が打ち合わせをしている時、僕は境内を眺めていました。すると、ふたり組の女性から声をかけられたんです。そのうちのひとりは占い師で前日に神様から “玉置神社に行くように”とお告げがあったそうで、急いで神社に来たということでした。そして話していると突然、占い師の女性が「自分がなぜこの場に呼ばれたのか、その答えを聞きに行くのと同時に、原田さんの今後を神様に聞いてきますね」と提案してくださったんです。

そう言いながらおふたりは先に参拝に向かい、僕はロケを始めました。境内は広大なので、もう一度彼女たちに会うのは難しいかなとは思っていたのですが、偶然にもまた彼女たちに最強のパワースポットである玉石社で再会したんです。そして占い師の方からは神様のお告げということで、「原田さんは玉置神社の神々から呼ばれてこの地にやってきた。才(才能)のある人なので、これからも輝けることでしょう」といううれしい言葉をいただきました。

神代杉と同じく有名な「夫婦杉」。大きな異本の杉が途中で二股になっている。

最初に島田秀平さんが「招かれない限りはたどり着けない場所」とお話しをしていたように、僕は確かに玉置神社に呼ばれていたのだと思います。実は今回のロケの前日は大阪で仕事があり、神社の近くにいたという偶然が最初にあり、そして、ロケの合間に神様の言葉を伝えてくれる方に出会ったり……。きっと神社の散策することで感じること、そして占い師の方の言葉を通して、神様が僕に伝えたいことがあったんだと思います。

これからは、自分が与えられたパワーを持って、周りを明るく幸せにするという強い意志を持ってがんばっていきたいと思います。

あ、ひとつだけ! パワースポットは全国各地にありますが、むやみやたらと訪ねるというのではなく、みなさんもぜひ感覚を研ぎすませて、“呼ばれているかも”と何かを感じるような場所を訪ねてみてください。きっと想像以上の出会いやひらめきを覚えることができるはずです。

原田龍二(はらだりゅうじ)/1970年生まれ。数多くのドラマやバラエティで活躍。一方で芸能界きっての通としてミステリー好きとして認識されている。現在、「5時に夢中!」(MX)で金曜日のMCを務めるほか、「DAYS」(ニッポン放送)の毎週水曜日13時からのパーソナリティを務める。近著に世界中のUMA(未確認動物)を紹介する「ミステリーチェイサー原田龍二の謎のいきものUMA大図鑑」がある。

企画・構成/SUPER MIX
文/知野美紀子(SUPER MIX)

Photo Gallary10

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事