破局・離婚のマイリー・サイラス 夫リアム・ヘムズワースに原因?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

女優でシンガーのマイリー・サイラスと夫で俳優のリアム・ヘムズワースが破局したと報じられた。結婚からわずか7ヵ月と数日のスピード破局で驚かせつつも、破局の発覚からしばらく離婚の申請を行わなかったことから、本当に別れるつもりなのか訝しがる声が上がっていた。

マイリー・サイラスはパンセクシャル(全性愛者)を公表しているが、リアム・ヘムズワースはロングヘアの“女らしい”女性が好みのヘテロセクシャル(異性愛者)。 写真:REX/アフロ

マイリーはディズニー・チャンネルの子供向けシットコム『ハンナ・モンタナ』で大ブレイク、リアムは『ハンガー・ゲーム』シリーズが代表作で、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワースの弟としても知られる。

ふたりは、共演映画『ラスト・ソング』を撮影していた2009年から交際をスタートし、婚約、破局、そして元サヤを経て、昨年12月に結婚した。

マイリーの代理人が破局を認めたのは、現地時間の今月10日。ふたりに子どもはいないが、犬7匹、猫4匹、豚と馬を2頭ずつを飼っており、別れたあともその動物たちをともに育てていくとのことだ。

マスコミを避けるためか、破局が発表された当日は、マイリーもリアムもアメリカを離れていた。

リアムは兄クリスの住む故郷のオーストラリア・バイロンベイに帰省。新作映画『Killerman(原題)』のプロモーションもすべてキャンセルしており、このまましばらくバイロンベイに滞在するつもりのようだ。

一方、マイリーはイタリアでバカンスを楽しんでいた。同行していた友人の中には、リアリティ番組『The Hills:New Biginnings(原題)』に出演中のタレント、ケイトリン・カーターが含まれており、マイリーはこの女性とキスをするなど、イチャつく姿をパパラッチされている。帰国後も行動をともにし、行く先々でイチャつきぶりを見せつけているという。

View this post on Instagram

noi siamo Italiani ora 😊🇮🇹

A post shared by Kaitlynn Carter (@kaitlynn) on

▲中央左がマイリー、中央右がケイトリン・カーター。ルックスだけで言えば、ケイトリンはリアムの好みのタイプである。

このケイトリンという女性は、8月初旬にパートナーのブロディ・ジェンナーと破局したばかり。ブロディは、リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でおなじみのケンダル&カイリー・ジェンナーの異母兄だ。

The Hills~』の共演者によると、ケイトリンとブロディは、マイリーとリアム夫妻と以前から親しかったという。この2組のカップルがほとんど同時に破局してしまったのは、マイリーとケイトリンが愛し合ってしまったから、という憶測もある。

マイリーは子役時代から問題児扱いされてばかりで、破局の原因も彼女にあると思われがちだが、これまでマイリーとリアムの関係が悪化していたときは、むしろリアムの側に女優のジャニュアリー・ジョーンズやタレントのエイザ・ゴンザレスなどとの浮気説や熱愛説など、マイリーとは別の女性の影があった。

今回も、リアムが連夜パーティーに入り浸っては、アルコールとドラッグにハマっていたとの情報もある。普段はプライベートについてほとんど語ったことのないリアム本人が、インスタグラムで破局についてコメントを発表したことも、どこか不自然だった。

▲珍しく、マイリーとの破局について触れたリアム。ちなみに、8月中旬現在、マイリーもリアムも相互フォローの状態だ。

また、破局直後、話題が集まっている絶妙のタイミングで、マイリーは失恋ソングを発表している。恋愛ゴシップを利用して新曲の宣伝をするというのは、マイリーがもっとも嫌うやり方だったのはずだ。にも関わらず、生々しいエピソードを散りばめた曲を発表せずにはいられなかったのは、やはり……

▲破局後、すかさずマイリーが発表した「Slide Away」。マイリーは今年、3枚のEPを発表する予定

さらに、8月21日にリアムが離婚を申請したことも判明。しかも、ハリウッドスター御用達の離婚弁護士ローラ・ワッサーを雇ったというから驚きだ。
この弁護士は、ジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリー、グウェン・ステファニーらの離婚訴訟を担当した人物で、その弁護費用が超高額であることも有名。
つまり、リアムには、そんな凄腕を雇わなければ自分が不利になってしまうような、弱みがあるということだ。

しかし! このあと、リアムに特大の女性スキャンダルがブチ上がらないことを祈りつつ、これまでと同じように冷却期間をおいて最終的に復縁することを予言しておこう。
  • 原西香

    (はら あきか)海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事