松坂桃李 過酷な炎天下に汗だくで『いだてん』のロケ

目撃!ハリコミ24

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
照り付ける日差しの下、かなりハードな撮影だったが、それでも松坂桃李はスタッフに笑顔で接していた

もちろん、他のドラマでも炎天下での撮影は行われている。7月下旬、東京・稲城市のグラウンドで行われていたのは大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』のロケだ。午前中は、中村勘九郎(37)が観客席で日の丸を手に応援するシーンを撮影。雨のシーンのようで、スタッフがホースで勘九郎に水をかけるなど、幸いにも”涼”をとることができた様子だった。

しかし、午後の松坂桃李(30)のシーンはかなり過酷。日陰のないグラウンドにワイシャツ&ネクタイ姿で立つ松坂は見るからに暑そうだ。何度も休憩をとり、そのたびにスタッフがすぐさま日傘をさすが、そのスタッフも汗だくだ。

真夏のドラマ撮影は、役者もスタッフも体力勝負なのだ。

『FRIDAY』2019年8月23・30日号より

  • 写真菊池有香

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事