クリントン、英王室……“性犯罪”大富豪の「華麗なる人脈」

14歳少女を含む数十人の女性をレイプした性犯罪者は起訴→自殺

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ヘッジファンドのオーナーだった大富豪のエプスタイン被告

「被告の『淫行仲間』だったとされているのは、ビル・クリントン元米大統領です。決定的な物証こそ挙がっていませんが、彼は被告のプライベートジェットで旅行をするほど被告と親しかった。起訴状には、『多くの女性が権力者男性とのセックスを強要された』と書かれています」

こう語るのは、『マイアミ・ヘラルド』紙のジュリー・ブラウン記者。ジェフリー・エプスタイン被告(享年66)による児童買春の犠牲者約80名を特定した、スクープ記者である。

8月10日、性的人身売買罪および共謀罪で起訴されていたアメリカの大富豪、ジェフリー・エプスタイン被告が、マンハッタンの独房で首をつって死亡した。買春を行い、自宅に若い女性の膨大なヌード写真を所有し、14歳の少女を含む数十人の女性をレイプした性犯罪者の最期は、あまりにあっけなかった。

「被告は無罪を主張していましたが、7月に保釈請求が却下されました。有罪となった場合は最長45年の禁錮刑が科される可能性があったため、悲観的になり自殺したと考えられています。被告は自分自身が児童買春をしていただけでなく、クリントン元大統領ら知人にも買春の斡旋をした疑惑があり、斡旋が認められれば訴追される可能性もありました」(国際ジャーナリスト・山田敏弘氏)

エプスタイン被告が自殺する前日、ある裁判資料が一般公開された。そこには、クリントン元大統領のほか、ドナルド・トランプ米大統領(73)や英エリザベス女王(93)の次男であるアンドリュー王子(59)らが、被告と非常に親密な関係にあったと記されていたのである。

「被告は元中学の教員で、’70年代にマンハッタンの学校で数学と物理を教えていました。後にヘッジファンドのオーナーになると、そこでトランプ大統領やクリントン元大統領、映画監督のウディ・アレン氏らと友人関係になったと言われています。また、慈善団体を作ったりハーバード大学に多額の寄付を行ったりすることで自身の評判を高め、成り上がってきたとされています」(前出・ブラウン氏)

米国の最高権力者や、英国王室のメンバーが少女買春の顧客だったとしたら、世界中から怒りと非難の声が殺到するのは間違いない。このスキャンダルは、まだ序章にすぎないのかもしれない。

英アンドリュー王子と、バージニア・ジュフリーさん(36)。ジュフリーさんは17歳の頃、エプスタイン被告の斡旋により王子との性的関係を強要されたと主張している
元検事アレクサンダー・アコスタ氏(50・右)は、’08年、エプスタイン被告との司法取引に応じ刑を軽くした。批判を浴び、7月にトランプ政権の労働長官を辞任
エプスタイン被告の友人ビル・クリントン元大統領は、被告のプライベートジェットに26回も搭乗している

 

  • 写真アフロ

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事