“女子アナキラー”の進次郎は無問題? 危険な“一般人”との交際

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
山岸舞彩キャスターの直撃取材に笑顔を見せる進次郎氏(‘14年)

「なかなかやるじゃないか!」

そんな声が聞こえてきそうだが、小泉進次郎衆議院議員の“プレイボーイ”ぶりに驚いた人は多いのでは。

8月7日、滝川クリステルとツーショットで結婚発表した小泉議員。発表にあたって、この日を選んだ大きな理由は、「週刊誌の夏休み期間だから」と、言われている。詳細を報じる週刊誌があったとしても、次の発売日は早くて約2週間後。

そのころには、二人の話題は隅っこに追いやられ、また大きなニュースがあれば、振り返られることもなかろう。彼がそう踏んでいたかどうかは分からないが、世間の興味は衝撃的な『あおり運転』事件に集中した。お陰と言ったらいいのかどうか、彼らの話題はしぼんでしまった感がある。

マスコミの間では、お盆休みが終わったら、何かしら二人のネガティブな記事が出るだろうと見られていた。予想通り、『週刊文春』(8月29日号)が小泉議員の華麗な女性遍歴を報じている。

タイトルも興味をそそられる。

『進次郎が捨てた「女子アナ彼女」』

記事を読むと、これまで彼が付き合ったとされる女性たちが続々と登場する。

父親である小泉純一郎元総理大臣の私設秘書をしていたころ交際していたのは、地元でバーを経営する女性だった。この女性との交際が週刊誌にキャッチされたこともあった。

’15年4月には『FRIDAY』にメイクアップアーティストとの交際をキャッチされている。さらに同年7月には、『文春』が元復興庁職員の女性とのホテル密会をスクープ。そして、女性職員と交際しているときに別の女性とも親密だったという。二股だったのか。
しかもこの女性は既婚者だったとも。

興味深いのはこの後だ。交際していたとされるキー局女子アナたちのオンパレード。記事によれば、有名アスリートと結婚したB、テレビ朝日でスポーツをよく担当していたC、Cと交際していた同時期にTBSのDとも交際していたという。さらにNHKのアナウンス室では、小泉議員は要注意人物と注意喚起までされていたというから驚きだ。

小泉議員が女子アナ好きだというのは、マスコミの間では有名な話だが、まさかこれほどまでの“女子アナキラー”だったとは。

一部夕刊紙では『文春』記事のヒントをもとに、アルファベットで記された女子アナたちの実名を挙げて推理しているが、不確定要素はまだ多い。一体誰なのか? 興味は尽きない。

しかしこの記事を読み終えて、「これで終わるわけがない……」。そう感じた人は、多いのでは。

有名人が周囲から“気をつけろ”と言われるのは、一般人との交際についてだ。週刊誌でよく見られるのは、有名人と関りをもった女性の暴露記事。女性が何らかの意図を持って、2人の交際の証拠となる写真や、メール・LINEなど、携帯電話でのやりとりをリークすることはよくあることだ。

まるで人気芸能人のような結婚発表をした小泉議員だが、スキャンダルまで芸能人並みとなっては、ちょっといただけないだろう。受けるダメージは芸能人の比ではない。場合によっては、政治家生命を絶たれることにもなる。

しかし、マスコミ対策も含め何から何まで“抜かりない”小泉議員のことだ。そもそもそんな危険をはらんだ女性とは関わらないだろうが――。

  • 佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

  • PHOTO蓮尾真司

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事