動画で謝罪の坂口杏里 どうしてもお金が必要だった「本当の理由」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’14年12月、坂口杏里(中央)がモデルのMayとホストとともに、雑居ビルからでてきたのは明け方。夜遊びは当時から激しかった

8月28日に元交際相手の男性の自宅マンションに侵入したとして逮捕された、元タレントの坂口杏里。この男性は、’17年4月に彼女が恐喝未遂容疑で逮捕された時の被害者と同一人物だという。

「坂口さんは逮捕前日、ドアに手を挟まれてケガをしたとして、Instagramに痛々しい写真を投稿していましたが、すぐに削除。逮捕報道後、SNS上では、“あの写真って、この件だったのか……”と納得する声が上がっていました」(スポーツ紙記者)

インスタグラムの投稿は、

≪元彼にタクシー代返してと言って部屋の前まで行ったらドアに指を挟まれました。私が悪いと言われたのですがタクシー代返して頂くことは何も悪くないので、とりあえず血まみれにされてしまいました。あと腫れが凄まじいです。二度目の骨折かな≫

というもの。実は彼女、今年の2月にも左手を同じようにケガしていたという。彼女の知人が語る。

「2月にケガをしたときも、彼とお金についてケンカをしたのが原因だったんです。彼女が言うには、彼の暴行により左手の薬指につけていた指輪が食い込んでしまったそうです。けがの状態は今回より酷かったですよ。杏里さんは“1500万円くらい借金があるから働きたいのに、全然働けない!”と、彼に対しての恨み節が止まりませんでした」

というのも、彼女は派遣型風俗店『D』で働いていたのだが、60分20万円、90分25万円という破格の高給取り。この店には、セクシー女優なども所属しているが、坂口の料金システムはほかのキャストの10倍ほど。

「杏里は“お金がないと困る”と、お店に相談してサービス行為なしの会話だけで、60分30000円、90分45000円でお客さんを取ってました。彼女の場合、ネタになるから、ということでたまにお客さんがついていましたから、それくらい手ごろなほうが稼げるんじゃないかなと思います」(同・坂口の知人)

坂口は、母・良子さんの遺産を食いつぶしてしまうほど、ホストに入れ込み、借金を重ねた。一時は、AVデビューして借金を返そうとしていたこともあった。しかし、多額の借金があるにもかかわらず、その後もきらびやかな世界に憧れ、朝まで飲み明かしたり、ハイブランドのバッグを買ったりと、カネの使い方は派手だった。さらに最近は、彼女が多額のお金をつぎ込んでいる“依存先”があったという。

「美容整形への依存がすごかったんです。都内の有名美容整形外科から独立したT医師が立ち上げたクリニックへ’17年の夏ごろから通い始めて、鼻や顎へのヒアルロン酸注射、頬のリフトアップ、脂肪溶解注射、脂肪切除手術、涙袋形成、鼻の先端を整える手術……。周囲もやりすぎだと止めていたんですけど、もう歯止めが効かない状態だったみたいです」(同・坂口の知人)

坂口は30日の夜に釈放され、その後、自身が立ち上げたYouTubeチャンネルで謝罪を行った。逮捕前には、ネットテレビなどのMCに抜擢されていたというが、今回の騒動ですべて白紙に戻るだろう。すっかりトラブルメーカーとなってしまった彼女が芸能界に復帰するのはかなり難しそうだ。

  • 撮影西原秀

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事