ブラッド・ピットがカニエ・ウェストの信者になっちゃった?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』も好調な俳優のブラッド・ピットが、カニエ・ウェスト主催の“日曜礼拝”に姿を現し、ふたりの意外な交流が話題を集めている。

今月中旬には新作映画『アド・アストラ』のプロモーションのため、来日を予定しているブラッド・ピット。写真:AFP/アフロ

ブラッドが目撃されたのは、9月1日に行われたカニエの“サンデー・サービス”なるライブ。ブラッドがカニエと親しく会話する様子をその場にいたファンたちが次々にSNSへ投稿したことで発覚した。ブラッドが出席したのはこれが2度目だというが、1ファンとしてライブを観に来ただけのようだ。

カニエは2019年から、毎週日曜日になるとゴスペル調のコンサートを開催。このパフォーマンスプロジェクトは“サンデー・サービス(Sunday Service=日曜礼拝)”と題されていて、カニエが数十人の聖歌隊とともに、自身の楽曲や他のアーティストの人気曲をゴスペル調に演奏する。曲調をアレンジするだけでなく、クリスチャン流に歌詞の内容を変えているのも特徴だ。また、銃による無差別殺人事件の3週間後には、犠牲者に捧げたパフォーマンスを行うなど、社会問題にも逐一触れている。

このプロジェクトに手応えを感じたのか、カニエは宗教団体の設立を計画中だと報じられている。自宅敷地内に信者を宿泊させるドーム型の施設“ポッド”を建設していたが、建築規則違反を指摘され、現在は工事を中断している状態だ。妻のキムは、カニエの宗教について「説教はなく、癒やしがメイン」と語っている。

ちなみに“サンデー・サービス”は7月なかばに、アパレル商品を対象とした商標登録を行っている。

“日曜礼拝”にはこれまで、妻でリアリティタレントのキム・カーダシアンや、その妹でモデルのケンダル・ジェンナーのほか、婚約中のケイティ・ペリー&オーランド・ブルームなど、有名セレブが多く出席している。ブラッドの出席により、さらに注目が集まり、カニエの宗教設立に追い風となりそうだ。

View this post on Instagram

Brad Pitt at KSS Cc @teamkanyedaily

A post shared by Kanye Sunday Services (@kanyesundayservices) on

▲笑顔で会話するブラッド・ピットとカニエ・ウェスト▲

  • 原西香

    (はら あきか)海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事