日朝首脳会談で北朝鮮が求める「巨額な見返り」

安倍晋三×金正恩「やるべきか」「やらざるべきか」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

国会では柳瀬唯夫元首相秘書官の追及も続き、疲労気味の安倍首相。起死回生のトップ会談を狙うが……

「安倍首相は『日朝首脳会談』の道を探っているのですが、早期実現のメドが立たず困り果てています」(外務省幹部)

米国トランプ大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の会談は、予定通りなら6月12日にシンガポールで行われる。焦っているのが安倍晋三首相だ。米国と北朝鮮、中国や韓国との間でのみ話が進み、日本の入る余地がない。苦肉の策で北との直接対談を狙っているのだが、今となってはそれも容易ではない。

「日本は交渉のテーブルに拉致問題が上がらないと会う意味がないのに対し、北朝鮮は拉致問題を『終わったこと』として取り付くシマがない。日朝首脳会談の実現は困難だと言わざるを得ません」(軍事ジャーナリスト・黒井文太郎氏)

強気の北朝鮮は、「見返り」を要求してくる可能性が高い。北に譲歩してまで首脳会談をする必要はあるのか。

「出遅れた日本は、もはや経済援助などおカネを出すことで枠組みの中に入るしかありません。すると北は、戦後補償を蒸し返すなどして巨額の要求をしてくるでしょう。過去の歴史を見ると、結局その後、カネを取られただけで終わっています。それが分かっていて繰り返すのか」(国際ジャーナリスト・山田敏弘氏)

安倍首相の足元を見て、嘲笑っている金委員長の姿が目に浮かぶようだ。

金委員長は米国のポンペオ国務長官とも会談、友好ムードを演出

 

撮影・写真:鬼怒川毅(1枚目)、AFP=時事(2枚目)

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事