大谷翔平 イチローの前で見せた160キロ剛球

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

試合後、大谷は「これまで以上に思い通り投げられた」と自信をのぞかせた

「オオタニ! オオタニ!」

この男がマウンドに立った瞬間、セーフコ・フィールド(米・シアトル)は割れんばかりの歓声に包まれた。

ロサンゼルス・エンゼルス、大谷翔平(23)の勢いが止まらない。5月7日、シアトル・マリナーズ戦に先発した大谷は、6回2失点、最速160キロのピッチングで3勝目を記録。憧れのイチローの前で”怪物っぷり”を見せつけた。

「大谷は日本人だけではなく、アメリカの野球ファンすら味方につけています。今回も敵地のホームゲームだったにもかかわらず、試合前から彼のTシャツを着たファンが球場周辺で長蛇の列を作っていました。スタンドに入れば、日本語で『オオタニ ガンバレ!』と書かれたボードを持って応援する人たちの姿も。打者として3試合連続ホームランを放ってから、すっかりスター選手の仲間入りです」(試合を取材した日本人カメラマン)

試合を経るごとに進化を遂げていく大谷。このまま行けば、7月のオールスター出場も現実のものとなりそうだ。

写真:AP/アフロ

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事