すべてがやり過ぎ!ジワジワくる中国の「珍百景」

スケールでかすぎ でも笑える

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

地上218m
ガラスの吊り橋に命知らずの10万人が殺到!

河北省石家荘(シーチャーチュワン)市の山間部にかかる、世界最長488mのガラス張りの吊り橋。地上218m(66階建てのビルに相当)、幅4mの橋に、多い日には10万人近い観光客が殺到する

「中国人が物事を始めようとする時に考えるのは、話題作りです。とにかく大きく、見たことのないようなヘンテコなモノを作れば客を呼べる。美しさや周囲の風景との調和などは考慮しません。建築基準法も日本ほど厳しくないので、破格の建造物がたくさん作られるんです」

こう話すのは、中国人ジャーナリストの周来友氏だ。

中国では珍妙な風景が多く見られる。北京郊外・廊坊(ランファン)市に建つ「天子大酒店」も、実に奇妙なホテルだ(2枚目)。外観は中国の七福神のうち、福星、禄星、寿星の3体の像をかたどり、高さはそれぞれ41.6m。神々の服装に合わせ窓も赤や黄色に塗られているため、各部屋からの見晴らしは非常に悪い。それでも宿泊希望者は後を絶たないという。

「『神様の体内に泊まれるから』と評判がいいんです。観光シーズンには3ヵ月前から、全43室の予約が埋まってしまうほど。ただ近隣住民からは『赤や緑色のケバケバしい色の服を着た巨人が建っていては街の景観を汚す』と、苦情が絶えません」(中国在住ライター)

中国中部・湖北省襄陽(シャンヤン)市の公園には、テントウ虫型の有料公衆トイレがある(3枚目)。内部には150人ほどが入れる広い空間が広がり、1回の使用料は20元(約340円)。農村部の交通の便が悪い立地にもかかわらず、子どもたちから「テントウ虫がカワイイ」と人気で、週末ともなればトイレの前に幼児の長蛇の列ができるという。

さすがは中国。考えることが突飛過ぎて、日本人はついていけない!?

3体の神様から部屋を選べる
ありがたいホテル……だとか

北京郊外にある高級ホテル。宿泊客は泊まる建物を3体の像から選べる。1泊9000円ほど

公園の有料トイレ
デザイン凝りすぎ

湖北省の公園に設置されたテントウ虫型の有料公衆トイレ。大人気で2体目建造も検討中

何のメーカーか一目瞭然

上海市の家具メーカー「老周家居」の入り口は巨大なタンス。高さ約24m、幅約13m。9つの引き出しは開閉可能

自社製品を強烈アピール!

中部・河南省鄭州(チョンチョウ)市にあるビール工場。屋上に巨大な酒ビンのオブジェを設置し自社製品をアピール

39mの超巨大な急須

東部・江蘇省無錫(ウーシー)市の中国文化紹介施設内に建てられた巨大な急須。高さは約39m。内部は茶器の展示場になっている

予算不足で低層階の壁はプリントです

北部・遼寧省瀋陽(シェンヤン)市にある銀行などが入る総合ビジネスビル。建設途中に予算が足りなくなり、外壁は絵の描かれたプリントを貼ってごまかした

曲がりきれない超難関山間道路

南部・湖南省の山間部にある道路。カーブが急すぎて速度が出せない。全長10㎞に満たない道路を走破するのには2時間近く要する

複雑すぎる立体交差点

中部・重慶市の巨大立体交差点。10本以上の道路が複雑に交差し、ドライバーからは「どの道を選べばいいのか分からない」と苦情続出

駐車場は地平線まで続く……

瀋陽市の道路沿いに広がる巨大駐車場。1万台以上が駐車できるが入り口から愛車に到達するまで徒歩で最大20分かかることも

かの国では車も自動販売機で

南部・広東省広州市に今年3月に登場した自動車の自動販売機。立体駐車場前のパネルで車種を選び、料金はクレジットカード払い

立ち退き拒否で道路がひし形に

北部・黒竜江省ハルビン市では老朽化したマンションの住民が立ち退きを頑なに拒否。拡張計画が進められていた道路は迂回して作らざるをえなくなった

写真:ImagineChina/アフロ、Zuma Press/アフロ、GettyImages

Photo Gallary13

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事