元TOKIO・山口達也 もう二度とテレビには出られない

ジャニーズ事務所はクビ、日テレからは「永久追放」 これからの"どん底"人生

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2月末、コンビニから六本木のマンションへと帰宅する山口。女子高生を呼び出してから2週間後のワンシーンだ

「彼の退所が決定的になったのは、絶対に怒らせてはいけない”御大”の逆鱗(げきりん)に触れたから。それは、ジャニーズ事務所の最高権力者、メリー喜多川副社長(91)ですよ。メリーさんは謝罪会見で『TOKIOに戻りたい』と語る彼を見て、『こんな事件を起こして、どの口が言うの!』と激昂したようです。『TOKIO』はメリーさんの娘、藤島ジュリー副社長(51)が手塩にかけてきたグループ。それだけにジュリーさんは契約解除を回避しようとしたようですが、メリーさんの怒りを目の当たりにして、庇(かば)いきれないと諦(あきら)めたようです」(芸能プロ幹部)

山口達也(46)の女子高生への強制わいせつ容疑が発覚してから2週間。転落の一途を辿(たど)る彼が、ジャニーズを追われることとなった。ジュニア時代から30年間にわたり所属してきた事務所をクビになった山口は、『ザ!鉄腕!DASH!!』をはじめ一番の”得意先”だった日テレからも出禁宣告を受ける。事実上、テレビ界から永久追放されてしまったのだ。

「これまで『TOKIO』と蜜月を続けてきましたが、この件について温情采配はありえない。メリーさんが激怒しているとあれば、なおのことですよ。今後のジャニーズとの関係を考えれば、このタイミングで”脱山口”を鮮明にしておいたほうが得策ですから」(日テレ関係者)

2児の父でありながら酩酊状態で女子高生を自宅に呼びつけ、肉体関係を迫る――。開いた口が塞(ふさ)がらない山口の”蛮行”だが、彼の酒グセ、女グセの悪さは筋金入り。実際、前妻と’16年に離婚してからも、山口の私生活には複数の女性の影が絶えなかったという。

「彼は離婚後、しばらくは家族と暮らしていた鎌倉を離れず、前妻と子どもたちの家から近い場所で生活していたようです。子どもに会いやすく、趣味のサーフィンにも絶好の立地ですから。ところが最近になって事件現場となった六本木のマンションに引っ越した。新たな彼女ができたという話ですが、決まった相手ではないでしょう。未成年の少女も含め、とっかえひっかえ女性を食い散らかしていたようです」(テレビ局関係者)

事件発覚を境に、ボロボロと出てきた山口の悪評。そんな声から逃れるように姿を消した彼は、現在、何をしているのだろうか。本誌は謝罪会見後、山口を目撃したという人物からの証言を得た。

「彼の姿を目撃したのは、4月末のこと。東京近郊にあるアルコール依存症治療で知られた病院でした。山口はニット帽にトレーナー、そしてマスク姿。憔悴(しょうすい)しきっていて、眼の焦点が定まらない状態でした。衰弱のあまり自力での歩行もままならないのか、車椅子に乗り、大柄の男性に押されていたのが印象的でした」

アルコールに溺(おぼ)れた果てに16歳の少女を力ずくで暴行しようとした山口。彼ははたして自分の犯した罪と病気に正面から向き合っているのだろうか。少しでも自分を誤魔化すようなことがあれば、さらなる”どん底”人生が待ち受けていることを自覚するべきなのだ。

5月2日には『TOKIO』のメンバーが謝罪会見。一連の騒動で、それぞれが疲弊しきった表情を浮かべていた

撮影:坂口靖子(山口)、蓮尾真司(TOKIO)

 

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事