「サザン」の聖地で暴れた男 警察に連行される

原由子さんの実家の天ぷら屋で暴行

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

5月7日、加賀町署から連行される安田容疑者。事件当日、安田容疑者らは店内で大声で騒いでいたという

手錠をかけられ、神奈川県警加賀町署から連行されるひとりの男。5月5日に暴行の疑いで逮捕された、安田明史(あきひと)容疑者(50)だ。容疑は神奈川・関内の天ぷら店『天吉(てんきち)』で、店長らに暴行を加えたというもの。この店は『サザンオールスターズ』のメンバー”原坊”こと、原由子(61)の実家。近隣でサザンのライブが開催される時はファンが行列を作るなど、”サザンファンの聖地”なのだ。

「その人(安田容疑者)は、男性3人で『天吉』に来ていました。お店に来たときから酔っ払っていたみたいですね。しばらくすると『なんだこら』『ジャマなんだよ』などと怒鳴り声が聞こえてきて、その客たちがお店の人に突っかかっていました」(現場に居合わせた客)

安田容疑者は、原坊の兄である、店長の原茂男さんの頬を平手打ちし、さらに50代の女性店員の腕をねじり上げたという。そうして、かけつけた警察官に現行犯逮捕されたのだ。茂男さんはこう話す。

「私のケガの方はもう大丈夫です。妹のこともありますし、迷惑かけるのも悪いので、取材は断っているんです。申し訳ありません」

すでに店は営業を再開しているが、ファンたちの”聖地”を汚した罪は暴行よりも重いのかもしれない。

関内駅すぐの場所にある天吉。江戸時代から続く老舗で、お昼時には行列ができるほどの人気だ

撮影:蓮尾真司

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事