上野樹里 13年ぶりの主演ドラマ撮影後、夫の待つ自宅へ急ぎ帰宅

目撃!ハリコミ24

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

都内 19時05分

仕事を終え、自宅へと帰り道を急ぐ上野樹里。急いでいる理由は、家で待つ夫に手料理をふるまうため!?

夏の終わりの閑静な住宅街。女優の上野樹里(33)は急ぎ足で家路に就(つ)いていた。彼女主演のドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)は全話で二桁視聴率をキープと、今クールの勝ち組ドラマだ。

上野にとって月9の主演は『のだめカンタービレ』以来、実に13年ぶりだ。

「『のだめ〜』では見事に役にハマりきり、彼女自身の代表作になりました。今回は静かな感動を呼ぶヒューマンドラマ。上野は娘・妻・母と女性の人生の変化を丁寧に演じ分け、高い評価を受けています」(テレビ雑誌ライター)

3年前にはロックバンド『TRICERATOPS』の和田唱(しょう)と結婚し、家庭も持った上野。キャリアの積み重ねに加え、プライベートの充実が、彼女を本格派女優へと脱皮させたようだ。

本誌未掲載カット 上野樹里 13年ぶりの主演ドラマ撮影後、足早に夫の待つ自宅へ

『FRIDAY』2019年9月20日号より

  • 撮影島颯太

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事