九州北部発「線状降水帯」豪雨 数時間で公園が巨大な池に変貌

JR佐賀駅前は水没、家の中は泥だらけ……。積乱雲の塊の脅威をフォトルポ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
浸水被害の大きかった武雄温泉駅付近。水がひいた国道34号線沿いの駐車場には、資材が山積みに(撮影:久我秀樹)

「午前5時頃、あまりにすごい雨音で眼が覚めました。窓の外に眼をやると、まるで滝の裏側にいるみたいな感じで全然先が見えない。前夜に天気予報で大雨だと言っていたので少しは警戒していましたが、あんなに猛烈な雨だとは夢にも思いませんでした」

佐賀市在住のカメラマン、久我秀樹氏は8月28日早朝に九州北部を襲った大雨の様子をこう話す。しばらくして小雨になった気配を感じ、外を見ると、目の前の大きな公園が一面の巨大池に変貌していたという。佐賀・福岡両県を始めとする88万人に避難指示が出され、車ごと濁流に呑まれるなどして4名が死亡。河川流域だけでなく、佐賀県中心部にも集中豪雨が降り注ぎ、佐賀駅が浸水するなど交通にも甚大な影響が出た。

今回の豪雨について、気象予報士の原田雅成氏がこう解説する。

「8月20日頃から西日本に秋雨前線が停滞していたのですが、そこに沖縄の南海上を進んで熱帯低気圧となった台風11号が一体化してしまった。本来、秋雨前線に流れ込む水蒸気はあまり多くないため、しとしとと長雨になるのが普通です。ところが今回は、熱帯低気圧の暖かく湿った空気が秋雨前線に流れ込み九州北部に一気に大雨を降らせた。昨年の西日本豪雨も同じように前線が停滞した結果でした」

発達した積乱雲の塊が線状に並ぶ「線状降水帯」が今回も発生。そして9月の台風シーズンがやってきた。十分な警戒が必要だ。

大雨時の洪水対策として水位調整用に作られた、佐賀市内の「鍋島低床公園」。8月28日朝の時点で溢れ出る寸前だった
大雨時の洪水対策として水位調整用に作られた、佐賀市内の「鍋島低床公園」。

佐賀駅の構内が雨水に飲み込まれ県庁所在地が水没した

観測史上最大となる1時間あたり110mmの豪雨で、駅構内も20cm近く浸水。運休が相次ぎ、駅員は改札口から懸命に水を掻き出した
武雄市内は各所で浸水。「濁流の中で運転したら後輪が浮き上がって木に激突してしまいました」(武雄市在住の井上興佐さん)
佐賀県大町町では鉄工所から水田に油が流出し、要請を受けた自衛隊が油を吸着マットで除去する作業を実施
武雄市北方町付近では、一時通行人の胸のあたりまで水が押し寄せ、トラックでさえも座席が水に浸かった
水がひいた30日。川から押し流されてきた大量の草や木が武雄市の町に散乱した
床上浸水した北方町の美容室で泥だらけの室内から荷物を運び出す様子。営業再開のめどは立っていない
県道34号ぞいの子供服店前に積まれた衣料品。営業再開は9月18日頃という
水に浸かった乗用車。足下のアクセルペダルが半分だけ濁った水面から覗いている
災害ゴミ受け入れ所となった武雄市の北方運動公園にはベッドマットやソファなどの粗大ゴミが山積みに
市内の水を川に排水中の災害支援車。9月1日になっていったん水はひいたが、秋雨前線や台風襲来の恐れも

『FRIDAY』2019年9月20日号より

  • 撮影久我秀樹写真時事通信(佐賀市内、大町町)

Photo Gallary14

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事